女性の肌の老化のサインは25歳と45歳?男性の老化のサインは33歳?年齢別お肌の老化の原因と対応策をまとめてみた

女性の肌の老化のサインは25歳と45歳?男性の老化のサインは33歳?年齢別お肌の老化の原因と対応策をまとめてみた

一般的にお肌の老化については、お肌の曲がり角という表現は使われておりますが、肌の老化のサインはいつごろから来るかわかりますか?そして、肌の老化のサインの原因は何でしょうか?

原因を明らかにして、はっきりと対策を練りたいですよね。

今回は肌の老化のサインについてまとめてみました。

最初の肌老化のサインは25歳?

まずはじめに老化のサインが来るのが25歳と言われています。これは一説によるとホルモンバランスや乾燥とうの関係から来ているものだと言われています。

ホルモンバランスが乱れ成長ホルモン曲線が下降する

ホルモンバランスと女性の体は大きく関係しています。成長曲線が下降線になるのが、大体24歳程です。成長ホルモンが出なくなると、肌の下から皮膚が出てくるスピードが遅くなります。これがいわゆるターンオーバーが乱れになります。

初期の老化のサインは乾燥から引き起こされる?

成長ホルモンがでなくなり、ターンオーバーが乱れることにより引き起こされる最初の問題は乾燥です。プルプルのお肌が肌の下から生み出されなく鳴ることにより、シワが目立ってくるのです。

肌の下からプルプルの肌が生み出されないということをもっと具体的に書くと下記のようになります。

  • 肌のハリを保っているコラーゲンやエラスチンの生成が減少する
  • 体内で生成される天然保湿因子やヒアルロン酸が量が徐々に減る

25歳から始まる初期の老化のサインに対抗するには?

25歳からの初期の老化サインの原因は成長ホルモンで、その結果肌が乾燥してしまう。その結果、シミが目立つことにより初期の老化のサインになります。

乾燥に対抗するには保湿が大切です。例えば、天然保湿因子やセラミドなどのことを知らないとちゃんとした保湿は出来ないでしょう。保湿は角質層のケアになりますので角質層について勉強しておくのが良いと思います。

参考:角質層の厚さ?セラミド?真皮って?角質についての9つのまとめ?

更に、角質層だけでなく保湿には皮脂膜もとても大切です。皮脂膜ケアをすることにより、肌中の水分が蒸発しにくい、天然で最高のクリームを塗っているのと同じ状態になります。皮脂膜ケアについても勉強しておきましょう。

参考:皮脂膜ケアは最強の美肌ケア?皮脂膜の3つの効果と4つのケア方法?

参考:皮脂膜・角質・真皮層を知れば10倍効果的な美容が出来る?

老化の第二のサインは45歳から?

老化の第二のサインは45歳からと言われています。これは、更年期に入ることで女性ホルモンバランスが大きく崩れるからだそうです。更年期によって女性は皮脂過剰になり、さらなる乾燥を招きます。また、歳を重ねるごとに活性酸素のダメージにより、今度は肌の真皮にある線維芽細胞の働きが鈍くなっていくのです。

45歳の更年期に入ると皮脂過剰になる?

更年期に入ると、自律神経、内分泌系の乱れ、免疫力の低下で体温調整がうまくいきません。その結果、汗を沢山かいてしまいます。汗をたくさん書くと、肌表面では皮脂過剰の状態になります。皮脂過剰になった肌はインナードライになり乾燥を招いてしまうのです。

老化をすると線維芽細胞の状態も悪くなる

老化をすることにより身体の解毒機能も衰えます。活性酸素のダメージに対する修復力も衰えていきます。そして糖分ばかり食べていると身体は糖化していきます。線維芽細胞は糖質に弱く触れるだけでかなりの機能が衰えてしまいます。糖化して錆びてしまった部分に抗酸化ができればよいのですが、老化すると活性酸素に対するダメージを修復する抗酸化力が衰えてしまうため、線維芽細胞の機能が衰えても修復することが出来ません。

この結果線維芽細胞の働きが鈍くなってしまうのです。

参考:抗酸化とは?もし抗酸化力がない場合の意外な真実5選!

男性の曲がり角は33歳?原因は乾燥

このころになると、鬚剃りの後が赤くなったり、肌が乾いてしまうことがあります。男性のスキンケアの重要性が叫ばれているのは、このためなんですね。

どんな年代でも共通な肌の老化のサインへの対応策は?

老化のサインに対してどの年代でも共通して言える対応策を下記に示します。

  • 生活習慣を変える 食生活では油分を抑え、暴飲暴食は避ける
  • 早期ファンデーションの使用を控える
  • 栄養をとり、ビタミンCを摂取することによりコラーゲンの生成をよく保つ
  • 睡眠をとる。22時~2時はお肌の代謝が良くなるので、その時間は寝る
  • 紫外線対策をする。
  • ホルモンバランスを整える
  • ストレスを抑える
  • 過度のダイエットはしない
  • 1週間に3度の1時間ほどの有酸素運動
  • 大豆イソフラボンを摂取する

上記のような事柄に注意しながら、お肌の曲がり角に備え、上手く対応しましょう!

美容カテゴリの最新記事