美容や栄養の勉強会を選ぶ際に『絶対』に抑えておきたい5つの基準?

美容や栄養の勉強会を選ぶ際に『絶対』に抑えておきたい5つの基準?

世の中には美容の勉強会や健康の勉強会は数多く存在します。その中で質の良い勉強会を選ぶ基準をご紹介いたします。



Advertisement

会社主催ではない

世の中には会社主催の勉強会やセミナーなどが数多く存在致します。会社主催のセミナーは、何のために行われているのかと言うと、大体が製品の販売に繋げる為のものがほとんどです。

会社主催のセミナーに行くと、『うちの健康食品のみ食べておけば大丈夫ですよ!』等々の言われ方するところもあります。一概に否定することは出来ませんし、中にはそういうものもあるかもしれません、しかし、そういうものは基本的にありえません

こういうものは企業が売りたいから売れるようにロジックを作っていたりするので、会社主催のものは極力避けるか、自分に知識が身について判断力がついてからの方が良いですね

価格設定が高過ぎない

価格設定が5000円や1万円のものも美容や健康のセミナーにはあります。そういうセミナーは値段が高いから効果的だと思われがちですが、初心者にとってはあまり意味がありません

値段が高いところでも基本的な内容を行いますし、値段が安くても基本的な話は行います。逆に価格が高い所は専門的な内容である場合が多いので、最初から参加してしまうと知識について行けなくなってしまいます。

できれば最初は高いところには参加せずに、安いところに参加して基礎的な内容をみについてけた方が良いと思います。高すぎるセミナーははっきり言ってお金の無駄になりますので、避けた方が良いでしょう。

スーパーフルーツではなく一般的な内容が豊富

スーパーフルーツとは、アサイーやチアシード等、ハリウッドセレブが使うことによって大ヒットしたりするケースが多いフルーツのことを言います。このフルーツはこれだけ飲んだら大丈夫!と言うようなことになりやすいものであるので、スーパーフルーツだけを扱っている勉強会はあまり意味がありません。

スーパーフルーツのみに限定したもの等では、それ以外の一般的な健康や美容には応用が利かないので一般的な内容が豊富な方が良いでしょう

専門家よりもわかりやすいか否か

健康や美容の勉強会はお医者さんがやっていたり、専門家がやっている勉強会もあります。確かに専門家がやっているものは知識が深いです。しかしながら、専門的すぎる内容で理解ができない可能性があるので注意が必要です。

知り合いの行った勉強会ではケトン体の化学式!?をやっていたりしたそうですが、一般人にとってケトン体の化学式は必要ないですよね?

それよりも内容がちゃんとわかりやすいかで決めた方が良いでしょう。専門家がやっている勉強会に行くのは、どちらかと言うと自分の知識が豊富になってきて、飽きてきたら行うほうが良いと思います。

全体性があるか否か?

最近では腸に関するセミナーが増えていたり、NHKで腎臓が取り上げられたりしますから、全体性よりも特定論に偏っている場合が多いです。

なぜこれほど特定論に偏った話が多いのかと言うと、特定論に特化したほうが過激なことが言えて面白いからです。必須栄養素を全体的にとりましょう!っていうよりも、腎臓には寿命を伸ばすものがある!って言うほうが、腎臓すごい!ってなりますし、なにより、全体的なものはほとんど語り尽くされているケースが多いので、新発見というキャッチコピーで過激なことを言うことがほとんど出来ないからです。

ですから、特定論を扱って、その時々に応じてキャッチなー話題をテーマにしている方が人々の注目を引けるので、特定論を扱うのです。

ただ、特定論だけで健康になることは難しいです。腎臓が素晴らしいからといって腎臓だけ健康にしても、肝臓が健康でなければ病気になりますよね?腸も同じで、腸だけケアしたところで、睡眠不足が慢性化していたら体の状態は良くなっていきません。

そういうテーマにこだわらない全体性があるものを選ぶ方が良い

安価に基礎的な知識が身につけられる勉強会を

つまり、最初に行く勉強会は安価に全体的な知識が身につけられる勉強会に行くべきです。それ以外の勉強会に参加するのは、もしかしたらお金がもったいない状態になってしまうかもしれませんので、まずは全体性のある勉強会を探して勉強会に参加するほうが良いでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

コラムカテゴリの最新記事