朝ごはんは絶対食べよう!朝食をとるメリット・デメリットと一人暮らしにとって最強の朝ごはんをお教えします!

朝ごはんは絶対食べよう!朝食をとるメリット・デメリットと一人暮らしにとって最強の朝ごはんをお教えします!

ダイエットを始めたからカロリーを気にして朝ごはんを食べることを辞めたという人を聞きますが、そんなことは絶対にしてはいけません。朝食をスキップするということは、あなたの体にとって多くのメリットを逃していることにつながっています。

今回は朝食を食べるメリット・デメリットと一人暮らしに取って最強の朝ごはんをお教えします。



Advertisement

朝食を食べるメリット

エネルギー省エネモードを解放し生産性を上げる

朝食を食べないと体は「今日一日はあまりエネルギーが入ってこないなぁ」と省エネモードになります。

その結果、一日のパフォーマンスは半減し、仕事では成績を残せず、勉強にも身が入らない為、あなたの生産性はガタ落ちします。朝食を食べることにより省エネモードを解放し生産性が上がります

もしもあなたが朝食を食べていなければ朝食を食べることによって生産性を著しく向上させることが出来るかもしれません。

体温の上昇により燃えやすい体になる

朝食を食べる事により体温が上昇します。体温が上昇することによりカロリーが燃焼しやすくなるので、必然的に体が燃えやすくなります。ダイエットをしたいのであれば、朝食を食べて体温を常時高い状態を保つようにしましょう。

ブドウ糖を体内に注入し脳の集中力の向上

体は睡眠中にエネルギーを使います。朝は体内にエネルギーがない状態です。その状態が維持されると脳に糖が行きませんの脳にエネルギーがない状態になります。

脳にエネルギーが無いと、人間は集中力が散漫になります。いわゆる「ぼーっとするような状態」になるのです。

朝食に炭水化物を摂ることによりブドウ糖が脳にとってエネルギーになり、集中力が生まれます

朝の便通を促進する

朝ごはんを食べることにより消化器官が刺激され便通を促進する効果があります。便秘気味の人ほど朝食を食べたほうが良いですね。

肥満になりにくい

実際に朝食を食べた人と朝食を食べない人を比べてみると、朝食を食べない人の方が昼食時の摂取カロリーが多くなるというデータがあります。朝食を抜いてしまうとその飢餓感から昼食をドカ食いしてしまう傾向があり、その結果太りやすくなるのです。

朝食を食べるデメリット

朝の時間が無くなる

朝食を食べようとするとそれだけ朝早く起きなければ行けません。通勤があったり、朝から用事がある人に取っては朝の時間がなくなるのは死活問題ですよね。だからこそ、簡単に食べられるものを考えたほうが良いのです。

朝食を作る時間が無い

朝からバタバタと忙しいと朝食を作る時間がないですよね?朝食を作ることがネックになって朝食を食べない人もいると思います。だからこそ、朝から手軽に作れるものを知っておく必要があるのです。

一人暮らしにオススメな最強の朝食は?

朝食のデメリットでも見ましたが朝はとにかく時間がない。時間が無い中で下記のことに注意しながら朝食を食べたいですよね

  • なるべく時間がかからない
  • 炭水化物が取れる
  • タンパク質が取れる

果物などもありますが、理想的には炭水化物とタンパク質を摂ること。炭水化物はブドウ糖に変わり集中力アップに繋がります。タンパク質を摂ることにより代謝が良くなるというデータもあります。そして手軽にぱっと食べれるもの。

私が考える最強の朝食。それは…TKG。つまり卵かけごはんです。

卵かけご飯は一人暮らしの朝食には最強です。炭水化物とタンパク質の両方を完璧に摂ることが出来ます

朝起きてご飯を炊いておいて、よそって、卵をかけて、混ぜて、食べる。慣れれば1分で朝食の完成ですからね。

カロリーのことを気にするなら朝食を摂りましょう

カロリー摂りすぎないようにと考えるのであればむしろ朝ごはんを食べるようにしたほうが、お昼ごはんの摂取カロリーを少なくすることが出来ます。私も朝食を抜いていた時期はあたまがぼーっとしていたり、集中力を書いていたりしましたが、率先して朝食を摂ることにした結果、お昼ごはんのドカ食いが減少しました。

お財布にも優しい朝食を食べるという行為。そして最強の朝食である卵かけご飯。皆さんもぜひ行ってみて下さい

 

参考

Int J Obes (Lond). 2008 Oct; 32(10): 1545–1551. Published online 2008 Aug 5. doi: 10.1038/ijo.2008.130 Egg breakfast enhances weight loss JS Vander Wal,1 A Gupta,2 P Khosla,3 and NV Dhurandhar2

コラムカテゴリの最新記事