筋肉…分解…素人が糖質制限ダイエットで炭水化物抜くべきでない理由

筋肉…分解…素人が糖質制限ダイエットで炭水化物抜くべきでない理由

ダイエットをすることによるメリットは数知れずあります。例えば、痩せてモテたとか、良い服が着れるようになるとか、体が軽くなり、体調も良くなった!といったことが、簡単にイメージ出来ますよね?

特に20代の男女のみならず全ての年代の方にとって、体型はカッコ良くて美しいシルエットを表す一つの方法になります。その為にダイエットする方も数多くいるでしょう。

その中でも特に人気だったダイエットが炭水化物抜きダイエットです。しかしながら20代が炭水化物抜きダイエットをする危険性は語られておりません。今回は20代が炭水化物抜きダイエットをするべきではない理由をご説明したいと思います。





Advertisement

ダイエットは運動の継続が大変→食事制限へ

炭水化物抜きダイエットに向かってしまう原因は、ダイエット=運動という図式になると思ってます。ダイエットは運動しないといけない。だが、ダイエットで非常に面倒臭いことは運動を継続することです。毎日走りに行くのが面倒くさい。時間がないからできない。このような理由で、運動ではなく別の方法論からアプローチする方もいると思います。それは、食事制限ですね。

確かに、食事制限で痩せようとすることは簡単です。間食を辞めて、水を飲んだりすれば、ある程度の空腹がごまかせますし、食べたい時には食べるけれども、ドカ食いする頻度を少し減らすだけで効果があるとでしょう。

過度な食事制限というアプローチ自体間違った習慣

もちろん食事制限もちゃんとしたプロがついて行なったり、栄養に対する知識を沢山勉強してから行うのであれば、そこまで危険なことではないと思います。

しかしながら、栄養に対する知識も不十分で食事制限はその痩せやすさと裏腹に自分の体を蝕む原因にもなりえます。特に20代からダイエットについての悪い習慣ができてしまうと、長期間その悪習慣をひきづって生きていくことになります。

本当に栄養学を勉強したプロやアマが食事制限を行うのならまだしも、そうでない方が食事制限を行うのは個人的にはおすすめをしません…

素人が炭水化物抜きの糖質制限ダイエットはやめるべき理由

前置きが長くなってしまいましたが、炭水化物抜きダイエットをやめるべき理由を説明したいと思います。

エネルギーの不足によりぶっ倒れる

炭水化物を抜いてしまう人は、炭水化物のことをよく知らない人です。三大栄養素という言葉があります。これは、炭水化物・脂肪・たんぱく質のことです。この炭水化物から始まる順番には意図があります。それは、エネルギーになりやすい順番です。

炭水化物は分解されることにより、グリーコースになり、このグリコースが水と酸素と混ざることにより、アデノシン三リン酸という生体エネルギーが作られます。要は、車に例えるとガソリンになるのが炭水化物です。

炭水化物を抜いてしまうと、エネルギーになる材料がなくなってしまいます。そうなると、脂肪や、たんぱく質を分解することになるので、エネルギー生産が非効率になり、ぶっ倒れたりするのです。体が慣れれば、炭水化物を抜いても大丈夫とは言われていますが、全抜きではなく、低炭水化物食にすることがオススメです。

または、炭水化物を抜いた分だけ、体でエネルギー合成に使われるケトン体を増やす食事を摂ることをおすすめします。例えば、ココナッツオイルを飲んだりすることにより血中のケトン濃度を増やすことは効果的でしょう。

炭水化物を抜いても既についている脂肪は過度に燃えない

炭水化物を抜けば脂肪が使われるから痩せるんじゃないの?って思われる方もいらっしゃると思います。確かに、体内から糖が足りないので、体の中にある脂肪酸が肝臓で分解されることによりケトン体として身体のエネルギーになることは事実です。

しかしながら、脂肪酸のエネルギーというのは、血中の糖があろうが無かろうが一定の効率で変化します。つまり、急激に糖質を制限したからと言って、急激に脂肪が燃えるわけではないのです。体についている脂肪の燃焼は一定なのです。その分だけ脂質やタンパク質を高カロリーで取らないといけなくなります。

糖質制限すると筋肉が分解される

糖質制限することにより血中の糖が不足してしまいますその結果、体はなんとかエネルギー源となる糖を欲するようなメカニズムが働きます。その時に、早い段階で筋肉の分解が始まります。筋肉に蓄えられているグリコーゲンを放出するために分解されていくのです。

20代は筋肉がつきやすい最後の時期です。この時期に無理な糖質制限の結果、筋肉が分解されてしまったら基礎代謝も減ってしまうし、見栄えも悪くなってしまうし、本末転倒なのではないでしょうか?

糖質制限している人はその分だけタンパク質や脂質を補って上げないと筋肉が分解され続けてしまい、ウェイトマネジメントができなくなってしまうのです。

糖質制限をすると病気になる可能性が高まる

糖質制限ダイエットを行うと下記のような弊害があることが言われています。これは糖質を制限することにより、カロリーが不足してしまい、人体に必要なエネルギーが供給できていないことにより生じてしまうのです。

  • 認知症
  • 骨粗鬆症
  • 脳梗塞・心筋梗塞
  • 半身麻痺

体重だけを見ると、かなりの体重を絞ることができますが、かなりの弊害があるということです。

糖質制限ではなく低炭水化物ダイエットを

糖質制限を完璧に行うと体に害が出てしまいます。そこで、オススメは低炭水化物ダイエットです。低炭水化物ダイエットであれば、糖質を完璧に抜くのではないので、筋肉を分解することを防ぎながら痩せることができるのかもしれません。

炭水化物は三食食べてもご飯は朝・昼1杯だけにして、夜はタンパク質中心に食べるという具合で行うと良いかなと思います!

理想的な体にするためにもダイエット頑張りましょう!

ダイエットカテゴリの最新記事