【エネルギーの生産工場】ミトコンドリアについてまとめました

【エネルギーの生産工場】ミトコンドリアについてまとめました

私たち人間の細胞の中には必ず存在しているミトコンドリア。

しかし、こんなに身近な器官にも関わらず、知っている人はごくわずかしかおりません。

今回は、そんなミトコンドリアについて、クイズ形式でまとめて見たいと思います。



Advertisement

ミトコンドリアは体内に何個あるでしょうか?

答えは、個数は数えられないが、とても多いです。

細胞の中には、若い人だと2000個あると言われており、老化してくるとミトコンドリアの数が減少していくと言われています。数は数え切れませんが、体内の細胞の数が37兆個であるとするならば、37兆個×2000個なので、膨大な量があると言われています。

また、ミトコンドリアは活動の過程でくっついたり、離れたりするので、厳密な数を数えることは不可能です。

そんなに膨大な数のミトコンドリアがいるのか、ってか、ミトコンドリアってじゃあ何なの?って思う人も多いはずです。

ミトコンドリアは何をしているでしょう?

ミトコンドリアは何をしている器官なのでしょうか?主に3つの働きがあると言われています。

エネルギーを作る

各組織が動くのに必要なエネルギーを合成しています。

例えば、人が歩くために必要なエネルギーも合成しています。食べ物を消化するためのエネルギーも合成しています。人の身長を伸ばすのに必要な代謝に必要なエネルギーもミトコンドリアが合成しています。

このように、ミトコンドリアが減少してしまうと、身体中のエネルギーが少なくなってしまうので、最近元気が出ないなぁとか、不調が出るなぁとなってしまうのです。

おかしくなった細胞を殺す(アポトーシス)

アポトーシスとは簡単にいってしまったらおかしくなった細胞を殺す働きです。細胞の中から指令を出してその細胞を殺す(自殺)する働きがミトコンドリアにはあります。

一体おかしくなった細胞って何があるのか?と言われたら、例えば、ガン細胞。ガン細胞が本格的に指導する前に、なんとか修復しようとしますが、それが出来なくなった場合には、ミトコンドリアが指令を出して、細胞自体を殺すのです。

胎児が成長していく過程で不要な部分を殺す働きもあります。成長していく上で必要のないものを無くしていくことにより、ちゃんとした成長をしていくようになるのです。

DNAの壊れた部分を修復させる働きもミトコンドリアが行います。活性酸素によって傷つけられた、DNAの修復をしています。

ミトコンドリアが生み出すものは何でしょう?

大きく2つを生み出すと言われてます

生体エネルギー(ATP)

ミトコンドリアは酸素と棟からATPを合成すると言われています。この生体エネルギーが多ければ、臓器も健康になり、心身ともに健康で入られますが、生体エネルギーの生成が少なくなると、臓器も健康になりませんし、不調が出てくるというわけです。

活性酸素

ミトコンドリアから合成されるATPを身体の中で使い切れなかったり、ミトコンドリアに過剰な負荷が掛かった場合には、活性酸素が生み出されるとも言われています。活性酸素は、顆粒球がウイルスを撃退する際にも用いられますが、ウイルス撃退ではなく、細胞に触れたりすると、そこの細胞が酸化してしまいます。要するに錆びてしまうのです。

つまり、ミトコンドリアは、ATPというエネルギーを生み出すと同時に、活性酸素を生み出しています。

 

老化とミトコンドリアの関係を100字で言えますか?

ミトコンドリアが活性酸素を出し、活性酸素が細胞のいたるところを酸化させます。それがDNAを傷つけ、傷ついたDNAが悪化した細胞を生み出す。この繰り返しが老化のメカニズムです。

 

ミトコンドリアに意識した生活をして、是非、健康的に過ごして行ければと思います。

 

ミトコンドリアの数

 

ミトコンドリアの酸化修復機能

レビュー:核とミトコンドリアにおける酸化傷害修復機構(dinop.com)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

健康カテゴリの最新記事