日本でも調査された?オメガ3系がうつ病に効果的な理由

日本でも調査された?オメガ3系がうつ病に効果的な理由

国立がん研究センターがオメガ3系脂肪酸がうつ病のリスクを低下させるという調査を結果を発表しました

国立がん研究センターなどのチームは26日、青魚などの魚介類をよく食べる人はうつ病のリスクが低下するとの調査結果を発表した。サバやサケなどの大きめの切り身などを毎日食べるとよいという。エイコサペンタエン酸(EPA)などの脂肪酸がうつ病のリスクを下げたとみられる。

引用:うつ病のリスク、魚介類食べると減少 国立がんセンター



Advertisement

オメガ3系脂肪酸ってなに?

そもそもオメガ3系脂肪酸って聞きなれない方もいらっしゃると思います。少しオメガ3系脂肪酸の説明をしたいと思います。

脂肪には複数の種類があります。そのうちの1つにオメガ3系脂肪酸というものがあります。表は下記の通りです。

脂肪の種類 脂肪の分類 食材 説明
飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸 オメガ3系 魚の油
えごま油
亜麻仁油
緑黄色野菜
くるみ
血液をサラサラにする
現代人は不足気味
オメガ6系 動物の肉
植物性の油
紅花・コーン等
現代人は過食気味
オメガ9系  オリーブオイル
アボガド
カシューナッツ
ナッツ類
整腸作用
悪玉コレステロールの減少
動脈硬化の予防

オメガ3系脂肪酸について詳しく知りたい方は下記をご覧ください

【奇跡の油】万病を改善する?オメガ3系脂肪酸とは?
よく「魚を食べることは大事だよ」「頭が良くなるから、取っておくべきだよ」 と言われますが、具体的にどのように良…
omega 3 - 日本でも調査された?オメガ3系がうつ病に効果的な理由

オメガ3系脂肪酸がうつ病に対してどう働くの?

オメガ3系脂肪酸がうつ病に対してどう働くのかを知るためには、体の構造やうつ病に対して詳しく知らなければいけません。

うつ病は心の風邪ではない?うつ病ってどういう病気?

うつ病とは簡単に言ってしまえば、脳の中の神経伝達物質の交換がおかしくなってしまった病気です。原因は多様にあります。

例えば、ストレスで神経伝達物質が過剰に出てしまったり、タンパク質から分解されるアミノ酸をあまり摂取していないから神経伝達物質の材料が少なくなることで神経伝達物質の交換がされなくなったりします。

また、神経伝達物質を受け取る受容体が神経伝達物質を取り損ねることで、発信側に戻されてしまい神経伝達物質の交換がおかしくなるということもあります。

オメガ3系は細胞膜を柔らかくする?

そもそも、体の中には細胞があります。細胞は水の塊が内側にあり、細胞の外側は油で囲まれています。この細胞の外側の油ので出来ている膜のことを細胞膜と言います。家で考えると家の外壁みたいな位置付けです。

魚の油以外のサラダ油や肉の脂などの不飽和脂肪酸を摂取してしまうと細胞膜が硬くなります。一方で魚の油を摂取している人は細胞膜が柔らかくなります。

魚の脂を取り細胞膜が柔らかくなることに神経細胞も柔らかくなるので、脳の伝達物質をお互いに受け取りあうことがスムーズになります。これがオメガ3系がうつ病に良いということにつながります。

食べ合わせが大切?

しかしながら魚の量をある一定以上食べる人は、逆にうつ病になる可能性が高いというデータも出していました。これは食べ合わせや食べ過ぎなどの結果不飽和脂肪酸を多くとってしまうため予防効果が打ち消されたのかもしれないと言われていますので気をつけましょう。

国立がん研究センターの松岡豊部長は「魚をよく食べる人は、野菜てんぷらや野菜いためも食べがちだ。サラダ油などに含まれる不飽和脂肪酸がn―3系脂肪酸の予防効果を打ち消したのではないか」と推測している。

引用:うつ病のリスク、魚介類食べると減少 国立がんセンター

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

栄養カテゴリの最新記事