うつは薬で治るのか?うつ病は儲かるという事実

うつは薬で治るのか?うつ病は儲かるという事実

うつ病は心の風邪というCMをご覧いただいたことはありますか?

このCMを行なっているというのは某製薬会社という話は有名な話ですが、何故、製薬会社がうつ病のCMを行うのでしょうか?それは、儲かるからです。

では、どのくらい儲かるのかご存知でしょうか?

syringe 1884784 1280 - うつは薬で治るのか?うつ病は儲かるという事実

 



Advertisement

うつ病市場は急激に伸びている

世界の主要7か国におけるうつ病市場は、2007年には約110億4000万ドルと評価されています。

同市場は2011年までわずかながら成長を続けるものの(120億1000万ドル)、2017年には98億1000万ドルと衰退が予想されているそうです。

それは、うつ病治療の全薬剤クラスで、ジェネリック薬の流入によるブランド崩壊が組成変更品、後続製品の成功を上回ることがその要因だと言われています。

120億ドルというのは1兆2000億円市場ということですから、かなり儲かるということですね。

ちなみに、日本だけを見ても、抗うつ剤の市場規模は’98年の145億円から’10年の1100億円まで、実に7倍以上も増加していると言われています。

 

薬の薬価と原価の現状は?

薬の原価率は薬価の1%とも言われています。

もちろん、開発費を考えたら、沢山お金がかかります。抗がん剤の薬であれば1000億円はくだらないと言うお話もあります。しかしながら、患者が増えれば増えるほど、大量生産できますから、より多く儲けることが出来るとも言われています。

また、日本は、健康保険制度が完璧に整備されているので、薬価の3分の1程で購入している人がほとんど。だから、お医者さんも患者さんのお財布事情をあまり考えないで薬を処方することが出来る。

うつ病の薬の副作用

うつ病の薬を使うことで、多くの副作用があります。これも一応説明しておきます。

不安、焦燥、パニック発作、敵意、衝動性、易刺激性、不眠、躁状態、軽躁、アカンジア(Akathisia or “acathisia”:特定の場所にじっとしていられない)

未遂を含めた自殺のリスクが上昇するという報告があり、アメリカ食品医薬品局(FDA)から警告もある。

また、以下のように記述している場所もある。

①自律神経系: 体温の上昇

②異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢

③体性神経系:筋肉の痙攣、反射亢進、硬直、振戦

④中枢神経系: 混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡

ここで、色々書くよりも、NHKでうつ病の副作用を特集した所がありましたので、ご紹介します。

 

いかがでしたでしょうか?

うつ病に関しては、世界でも意見が大きく割れております。

投薬を止めるべきとする理論と、投薬しか治す手立ては無いとする話です。

うつ病とも、正しい知識を持って、正しくお付き合いすることが重要ですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

栄養カテゴリの最新記事