炭水化物とは?意外と知らない炭水化物の重要性をまとめてみた

炭水化物とは?意外と知らない炭水化物の重要性をまとめてみた

人間にとって炭水化物は美味しいものですが、炭水化物とはそれだけではないです。最近炭水化物抜きダイエットが流行ってますが、それは本当に良いものなのでしょうか?

今回は炭水化物についてまとめて見ました。



Advertisement

炭水化物って何?

炭水化物とは、糖質とも言われています。学術的な複雑な説明は省きますが、要するに、お米やパンなどのいわゆる主食に含まれるエネルギーに一番変わるものが炭水化物です。

車で例えるならば、炭水化物とはガソリンであり、体のエネルギー(熱量)となります。

体を動かしたり、消化したりするときに使うエネルギーの元になるのが炭水化物ですし、また、頭を使うときに必要なエネルギーは炭水化物から使われるとも言われています。

炭水化物=糖質=グルコースと覚えておいてください

人体には何故糖質が必要なの?

生体エネルギーという言葉を聞いたことありますか?私たちが生きていく上で必要になるエネルギーのことを生体エネルギーと言います。例えば、日々の体の中での反応(代謝)や運動なんかも生体エネルギーがなければ行うことが出来ません

私たちが生活する上でエネルギーとなるのは、ATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれるものです。これはミトコンドリアのページでもご紹介しましたので、詳しい説明はそちらをご覧ください。

このATPが無くなると、私たちは活動できなくなるとも言われています。ATPがミトコンドリアで合成されるために必要となるのが、糖であり、その元になるのは、炭水化物や脂肪やタンパク質と言われています。

 

 

あわせて読むと面白い記事

脂肪やタンパク質ではなく炭水化物でなければいけない理由

ミトコンドリアがエネルギー合成をするのに必要なのが、脂肪やタンパク質でも良いなら(ちょっと専門的に言うと糖新生するのであれば)糖は太るだけだから不要なんじゃないのか?

そう思われる人も多いかと思いますが、エネルギーにするのに炭水化物でなければいけない理由が見えてきました。と言っても、炭水化物が必要な量は少量ですが…

脂肪は運動時のエネルギーの代替物にはならない

運動時でエネルギーが枯渇した場合に、脳にエネルギーが行かなくなっても脂肪はエネルギーに変換しません。何故なら、脂肪がエネルギーに変わるのは一定の時間と一定の量で行われているからです。

炭水化物抜きダイエットを行っている場合、ここに問題があります。つまり、炭水化物を減らした運動負荷の高い運動をした時に脳にエネルギーが行かなくなる可能性があるということです。エネルギー不足になっても脂肪がエネルギーに急に変換されることはないのだそうです

タンパク質は筋肉を減らしてしまう

脂肪はエネルギーに変わる量が一定だから、運動負荷が激しくなったら危険であると言いますが、ではタンパク質もエネルギーに変わると言いますが、実際はどうなのでしょうか?

タンパク質がエネルギーに変換するメカニズムはと言うと、3つのステップに分かれます。

  • タンパク質はまず筋肉に変わります
  • 脳がエネルギー不足になり血中に糖がないと筋肉から糖を取り出そうとします
  • 筋肉が分解されて糖になりエネルギーに変わります

このメカニズムがわかると、ダイエット等で糖質制限をしている人は、筋肉が分解されてエネルギーに変わっていますから、筋肉が徐々に減少していくと言うことがわかります。その結果、ダイエットに必要な基礎代謝を下げてしまう結果に繋がりますので、結果として太りやすい体になってしまうのです。

炭水化物をきちんと摂っていれば、ダイレクトにエネルギーに変換されますから、筋肉を分解することもありませんから、炭水化物でエネルギーを補給した方が良いと言えます。

炭水化物はどのくらいが理想的なの?

炭水化物を食べ過ぎてしまうと、使われなくなった血中の糖が脂肪に変換するので太ってしまいます。炭水化物を抜いてしまうと筋肉が減少してしまいますから意味もないですし、炭水化物は適切な量を取ることが望ましいです。

では、いったいどのくらいが適切な量なのでしょうか?

男性では、243g 女性は、203gと言われています。

ご飯茶碗1杯分で、60gですから、毎食ご飯1杯分を食べた場合ですと、間食の際には炭水化物を控えるようにした方が良さそうです。

炭水化物抜きダイエット中の方でも、最低でも1日にご飯茶碗2杯弱は摂っておいた方が良いのかもしれません。過度に制限し過ぎて、筋肉を分解するようなことがないように…。

栄養カテゴリの最新記事