細胞間脂質の主要成分のセラミドとは?セラミドの役割・種類・ケア方法をまとめてみた!  

細胞間脂質の主要成分のセラミドとは?セラミドの役割・種類・ケア方法をまとめてみた!  

保湿にはセラミド・天然保湿因子・皮脂膜のケアが大切だと言われています。今回はセラミドについてご紹介いたします。

 

あわせて読むと面白い記事

セラミドとは?

セラミドとは、細胞と細胞の間にある細胞間脂質という脂質の一種です。セラミドは細胞間脂質の50%をになっており、細胞間脂質において中心的な存在になります。

細胞間脂質(セラミド)の役割は?

細胞間脂質の中心であるセラミドですから細胞間脂質の役割を考えたほうが、セラミドの役割もわかりやすくなると思います。

細胞間脂質は細胞と細胞の間にあり、水分を蓄えることが出来ます。また、細胞と細胞の間を隙間なく埋める事により、外部からの刺激にも対応することが出来ます。

細胞間脂質の役割をまとめると下記のとおりです

  • 水分を蓄えることで肌の保湿をする
  • 隙間なく細胞間を埋めることにより外部からの刺激に強くなる

細胞間脂質(セラミド)が十分にケアされていないと?

細胞間脂質が十分にケアされていないとどうなってしまうでしょうか?まず、細胞と細胞の間に隙間ができてしまうことになります。その結果、アレルギー反応やアトピーなんかになりがちです。

また、細胞と細胞の間で水分を蓄えるものがなくなってしまうということにも繋がりますので、肌の水分が蒸発してしまい乾燥を引き起こしてしまいます。

ちなみにセラミドも20歳を過ぎると徐々に減り始めてしまい、40代になる頃には20代の半分の量しか存在しなくなると言われています。加齢と共にセラミドを補給することは大切なことですね。

乾燥をすると下記のような影響があると以前の記事でも説明しましたね。

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • ニキビ
  • くすみ
  • 肌荒れ
  • キメのなさ
  • ターンオーバーが乱れる

参考:保湿のやり方まとめ!シンプルで保湿効果抜群のスキンケア方法とは?

まとめると、細胞間脂質(セラミド)が不足すると起こる影響は下記のとおりです

  • アレルギー反応やアトピーを引き起こす
  • 肌が乾燥してしまう

セラミドを意識したケアがオススメな人は?

セラミドを意識したケアがオススメな人は、ずばり乾燥しやすい人とアトピー肌の人です。乾燥し易い人は、細胞間脂質のセラミドの量がすくなくなっていることも考えられますので、補充してあげることが大切です。

同様にアトピーの人は細胞間脂質が足りなくなり、角質が肌から剥がれていることがあるそうです。その結果、外部からの刺激に弱くなってしまっているということも挙げられています。

その為、セラミドを意識することにより、肌に角質をくっつけることが出来ますので、刺激に強い肌にすることが出来るのです。

セラミドの日頃からのケア方法とは?

セラミドを食べたとしても腸で脂肪酸に分解されていしまうので、あまり意味がありません。意味があるとするデータでも玄米・白米を数十杯食べないといけないということになるので、非現実的になってしまいます。

セラミドは食べるよりは、どちらかという言えば、セラミド配合の化粧品を使用したほうが良さそうです。ただし、セラミド配合の化粧水を選べば良いと思っても、セラミドは由来によって表記が異なります。それぞれの表記は下記のとおりです。

  • セラミド1=天然のセラミド(脳や脊髄の動物由来)
  • セラミド2=天然のセラミド(こんにゃく芋や米ぬかの植物由来)
  • セラミド3=バイオセラミド(酵母由来)
  • セラミド4=合成セラミド(石油由来)

この中でも特に保湿に特化されているのはセラミド2になります。保湿を意識したい人はセラミド2が配合されている化粧品を選ぶのが良いです。また、セラミドは油性の成分ですから、界面活性剤などの乳化剤と一緒にないと意味がありません。

またセラミドの生成を助ける働きがあるのは、ビタミンB群の一つであるナイアシンだと言われています。ナイアシンも一緒に摂ると良いでしょう

セラミドまとめ

  • セラミドは細胞間脂質の50%を占めている
  • セラミドは加齢と共に減少し、40歳を過ぎると20代の時の50%になる
  • セラミドが不足すると外部刺激に弱くなり、乾燥しやすくなる
  • セラミド配合の化粧水を選ぶのであればセラミド2を選ぶ
  • セラミドは食べ物では増えない。ビタミンB群のナイアシンはセラミドを生成するのに役に立つ

セラミドのケアは大切ですね。是非、日頃からセラミドケアを意識した肌作りをすると良いと思います。

美容カテゴリの最新記事