エラスチンとは?20代後半から減少するエラスチンのケア方法まとめ!

エラスチンとは?20代後半から減少するエラスチンのケア方法まとめ!

肌のハリや弾力を保ち、しわを防ぐのに必要なのはヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンのケアだと言われています。ヒアルロン酸は保湿だとわかりますし、コラーゲンは弾力って感じがわかりますが、エラスチンって何?って思う人も沢山いると思います。

今回は、意外と知らないけど重要な要素であるエラスチンについてご紹介したいと思います!

エラスチンとは?

エラスチンとはコラーゲンを支える線維のことをいいます。弾力繊維とも呼ばれていて、靭帯や動脈、肺で主に活躍しています。また、肌の弾力もエラスチンの役目になります。

肌構造的に言うと、エラスチンは真皮に存在するタンパク質で、コラーゲンと同様に線維芽細胞で作られます。

エラスチンの役割とは?

エラスチンの役割は、コラーゲンを束ねて細胞を支えることです。エラスチンが不足するとコラーゲンを束ねることができなくなり、細胞が支えられなくなってしまうので、シワの原因になります。

細胞を支えるという役割があるエラスチンは、肌のハリ・弾力・たるみ予防に良いとされています。

エラスチンをケアする化粧品って何?

エラスチンは40代から急激に減少します。20代後半から減少傾向に入っていきます。これはコラーゲンやエラスチンを生産する線維が細胞が機能的に劣るからです。エラスチンを意識したケアは20代後半から30代から行っていきたいところです。また、エラスチンは紫外線に当たると劣化する性質もあります。

つまり、エラスチンをケアする化粧品は下記のような種類になります。

  • UVケア化粧品
  • 美容液

ただ、エラスチンが配合されていても角質層での保湿目的で配合されているものもありますので、注意が必要です。

エラスチンの補給方法と危険性は?

エラスチン配合の化粧品を使用する時に危険性が気になる方もいるかもしれませんが、エラスチンは肌の真皮にあるタンパク質のことを言いますので危険性は無いでしょう。

エラスチンを補給する方法はアミノ酸を補給することです。アミノ酸が足りないと体内でエラスチンが作られないので、アミノ酸を摂取することがとても重要になってきます。

また、成分の中では線維芽細胞を活性化させる成分も入っています。有効成分ですので、それなりに値段は張りますが検討してみても良いかなと思います。

エラスチンのケア方法とは?

エラスチンケアの具体的な方法については下記になります。

  • 紫外線対策を行う
  • タンパク質を意識した食生活をする(プロテインを飲む)
  • 抗酸化作用のある栄養素を摂取する(CoQ10・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE)

エラスチンまとめ

  • 靭帯・血管・肺にたくさんあり、肌は5%程度に過ぎない
  • 肌ではハリ・弾力・シワに関係している
  • コラーゲンを束ねる役割がある
  • 20代後半から減少傾向に入り、40代では急激に減少する
  • 紫外線対策・プロテイン・抗酸化作用の栄養素が効果的
  • 化粧品の中には線維芽細胞を活性化するものも中にはある

エラスチンをケアしてハリ・弾力・シワについて完璧なスキンケアを目指したいところですね。

美容カテゴリの最新記事