イソプロパノールとは?化粧品に含まれるイソプロパノールの役割とメリット・デメリットを調べてみた。

イソプロパノールとは?化粧品に含まれるイソプロパノールの役割とメリット・デメリットを調べてみた。

パラベンの代わりにオーガニック系の化粧品にも配合されている可能性のあるイソプロパノール。では、イソプロパノールとは実際どのようなものなのでしょうか?

イソプロパノールとは?

2-プロパノール、イソプロピルアルコールとも言われ、脂肪族飽和アルコールに属しているイソプロパノールですが、エタノールに性質が似ています。プロピレンと硫酸から合成したり、糖蜜の発酵から生成したり、石油分解ガスから分離したプロピレンを原料として生産されます。

殺菌作用がエタノールよりも強く、消毒薬として殺菌作用がエタノールの2倍の効力を持つとも言われています。エタノールよりも強い成分という感じで捉えていただければ良いかなと思います。

イソプロパノールの配合されている化粧品って

石鹸・クレンジング・スキンケア・アイケア・シャンプー・コンディショナー・頭皮ケアなど。イソプロパノールは多くのものに配合されております。

イソプロパノールの役割とは?

イソプロパノールは水と油どちらとも混ざることが出来るので、溶剤としての使用が行われています。また、粘度低下剤・消泡剤・防腐剤としても使われます。

また殺菌作用が強いのでオーガニック系の製品では防腐剤として使用されているということもあります。

イソプロパノールの危険性は?

毒性判定辞典におけるど毒性はほとんどないとされています。但し、労働安全衛生法では規制の対象になっています。なぜなら、皮膚から吸収され殺菌効果が強いので規制の対象になっているのです。

化粧品で使われる料はごく少量なので、だから何?って感じる方もいると思いますが、規制対象になっている成分ですので、成分自体は危険だと言えます。ただ一方で、皮膚刺激性・アレルギー性はないというデータもあります。目に入ると危険であり、毒性が弱くないです。

医薬部外品の場合は成分が表示されない場合もあるので注意が必要です。

イソプロパノールのメリット

殺菌効果が強い

殺菌効果が強いので、消毒用アルコールとして使用されることがあります。また、殺菌効果が強いので防腐剤として使用されることもあるそうです。

イソプロパノールのデメリット

脱脂作用が強い

エタノールに比べて肌への刺激が強いため肌への刺激が強いです。脱脂作用が強いということは肌の皮脂を取り去ってしまう可能性もあります。

皮脂膜は肌における最高の保湿・抗菌クリームですから、その保護がなくなってしまうので肌にとっては重大なダメージになるでしょう。

イソプロパノール配合の化粧品がオススメな人は?

肌なんかどうでも良い、とりあえず殺菌が第一という人はイソプロパノール配合のものを使っても良いかもしれません。また、パラベンを強烈に否定して絶対にパラベンフリーを目指しているという人であれば、イソプロパノール配合の化粧品を使うしかないのかなとも思ったりします。

肌の弱い人はなるべくイソプロパノールを避けた方が良いでしょう。

 

成分系おすすめ記事

美容カテゴリの最新記事