美肌を作りに欠かせない?必要な化粧品5種とは?

美肌を作りに欠かせない?必要な化粧品5種とは?

化粧品の種類はたくさんありますよね?化粧水・乳液・クリームがあったりオールインワンジェルがあったりと、多種多様にあります。最近はメンズの化粧品も流行ってきていると雑誌で特集されていますし、私も当たり前のようにスキンケアを行っています。

しかしながら、実際に何を使えば良いのかは教えられません。メーカー主導のサイト等を見ても結局のところ、何が必要なのかはわかることはないのです。

また、肌というのは生まれながらにして強い人もいますので、一般的に美肌を作る為に何を使えばよいのか?というのは、あまり語られていません。

今回は、美肌を作るために必要な化粧品の種類について説明します。

美肌に必要な化粧品の種類とは?

結論から言うと、下記の5種類を使っていれば美肌に関しては一応及第点と言った感じだと思います。

  • 導入水
  • 化粧水
  • 美容液
  • 保湿系ジェル
  • 乳液・クリーム

それぞれ順番に説明して行きましょう

導入液・ブースター

化粧水をつけた直後から乾燥する人は導入液を行うことがおすすめです。導入液が必要ないとする方もいらっしゃいますが、使うものによりますが、安く美肌を手に入れたい方にとって、絶対に導入液は絶対にオススメ派なんですが…。水分の通り道を作ってくれます。逆に、油分を取りさったりしてしまうものは、油分が取れることにより肌が乾燥することで、水分が入ったような感じがしてしまうので注意が必要です。

  • アルコールが多いものは乾燥しやすいから気をつける
  • メントール系のものが成分として入っている場合は爽快感が浸透していると誤解するので注意

私の個人的な感想だとブースターはアルコールが入っているものはあまり好ましくないですね。逆に古い角質などを溶かす作用のあるものも使ったことがありますがこちらは効果が高い印象でした。導入液の中に保湿成分が入っているものは尚良ですね。

化粧水

化粧水はどちらかというと値段よりも量が大切です。化粧水は肌に水分を与えることが目的で、肌の水分がタプタプな状態のほうが次に入れる美容液もより浸透しやすくなります。化粧水の目的もやはり保湿です。というか保湿は肌トラブルのすべての原因になるので、どれだけの保湿力があるのか?どういう理論で保湿をするのかということは重要になります。

ミネラルオイル系のものは体にとって有害だとする人もいますが、今ではそんなに粗悪なオイルを使っている会社は殆どないと思います。またオーガニックを謳っている方が使っているものを見てもほとんどにアルコールが入っており、アルコールは逆に肌の水分を奪ってしまうので好ましくないですね…。

逆に防腐剤とかであればパラベンは誕生から今までおよそ50年間使用されていますが、問題になったことがない防腐剤です。超優秀で安価なので非常に多くのものに使われますよね。しかし、よく叩かれる成分なので、それだけ不安になる方も多くいると思います。そもそもパラベンは防腐剤=敏感肌に悪いよねというところから広まった風潮ですが、実はオーガニック化粧品に入っているアルコールのほうが水分を取りますから肌に悪いというのは知らない方も多いんでしょうかね…。

  • アルコールが入っているものは乾燥するので気をつける
  • ミネラルオイルが入っているものは肌の保水にはあまり意味がない

美容液

美容液とは、化粧水よりも油分が多いが、乳液やクリーム、保湿ジェルよりも油分が少ないものになります。シワ用の美容液やシミ用の美容液などのピンポイントにアプローチする美容液もあれば、保湿に特化した美容液なども多くあります。悩みが多い方は沢山の美容液を使うことになるでしょう。

化粧水だけでもOKという方もいますが、そういう人は肌が強い人なんでしょうね…そういう人のスキンケアはあまり参考になりません

保湿系ジェル

なんと言っても美肌を作るには保湿ですから、保湿系ジェルはかなり大切でしょう。特に、保湿系ジェルの後に乳液やクリームを塗ることを考えますとなるべく油分の少ないものが理想的ですね。極力オイル系のものは控えましょう。また、有効成分の多いものも選んでいきたいところですね。

油分の多いオイル系のものは控える

乳液・クリーム

最終的に保湿した化粧水や美容液などが蒸発するのを防ぐための蓋として乳液やクリームなどの油分が多いものを使います。

オイル系のものを使用したいですが、先程も申し上げましたとおり、ミネラルオイルは肌にとって有害ではないですが、完全に肌に蓋をしてしまいますので、肌本来の機能を、高めるということはありません。ミネラルオイルではなくて植物性のオイル等が使われているものが良いですね。

オールインワンジェルはどうなのか?

オールインワンジェルははっきり言っておすすめはしません。いろいろなものが混合して入っているジェルになるので、分子量の違いから、分子間が引っ張り合ってしまい、あまり皮膚に浸透しないとも言われていますし、脂溶性の成分はお互いにくっつきあってしまうので、成分同士がくっつかないように設計されて作られていないと高い効果を発揮することが出来ないからです。

オールインワンジェルというのは安い・時短というのを売りにしてますが、本当に設計されたこだわったものではないと、難しいのです。

5種類使って美肌になろう

いかがでしたでしょうか?中には、5種類も使用するのかと嫌になった方もいると思います。美肌を作るなら、このくらいは使われたほうが良いかなと言うラインですので、そこまで美肌に興味がない方はそこまで使用しなくても良いと思います!

沢山使ったからと言って、美肌になるわけではありません。製品の選び方についてきちんとした目を持っていないと美肌になることは難しいので、きちんとした知識を養いたいところですね。

美容カテゴリの最新記事