【美とは何か】外見の美しさと内面の美しさの関係性

【美とは何か】外見の美しさと内面の美しさの関係性

「外見よりも、内面が素晴らしければそれで良い」と言う意見を聞いたことがありますか?

しかし、それは外見を磨こうと努力をしない妥協の産物から生まれた言葉です。

何故なら、外見を気にかけていない人は、内面も気にかけることは無いからです。

外見を磨けば磨くほど、内面も磨かれていく?

外見を磨けば磨くほど、内面は磨かれていきます。それは何故でしょうか?昔、ある芸能人の方がこのような言葉を言っていたそうです。

外見が醜い女性は内面も醜い。それはそのルックスがゆえに今まで世の中から虐げられて生きてきたから性格まで歪んでしまうため

虐げられることによって、「私なんて・・・」と性格が歪んでしまう。

美人は虐げられていないし、選ばれ続けている女性だからこそ内面も美しい

男性にも当てはまる部分だと思います。

しかしながら、外見が世界一醜くても、内面が醜くない方もいらっしゃいます。それが、ジュリア(フリア)・パストラーナです。

世界一醜いといわれた女性の話を知っていますか?

外見上醜いと言われた、ジュリア(フリア)・パストラーナ【Julia Pastrana】という女性がおりました。

この方は、外見が醜く(先天性多毛症で顔が厚い毛で覆われていた)、見世物小屋で見世物にされるほどのものでした。

結婚もしておりましたが、夫は彼女のことを「儲けるために妻にした」という言う程でした。

しかしながら、ジュリアは顔から下は完璧な女性であり、知性もあり、何ヶ国語も喋ることが出来るほどの優秀な方で、死の間際にこのような言葉を残しております

私は幸福のうちに死にます。私は充分愛されていましたから

参考:http://matome.naver.jp/odai/2136080514106105201

彼女から考える、本当の醜さと美しさとは?

ジュリア(フリア)・パストラーナの例を見て外見が醜いから醜いと言えるのでしょうか?恐らくそうとは言えないでしょう。

もっとも醜いのは何か?それは、自分が醜いと諦めてしまうその心意気だと思います。

例えば、顔は整形をしない限り変えることは難しいでしょうか?

違います。整形をしなくても、リンパの流し方、造顔、立ち方、髪の毛、ネイル、知性、仕事に没頭する。

 

あわせて読むと面白い記事

様々な工夫をすることによって、いくらでも醜さを解消することは可能です。

外見が綺麗でも内面が醜い人は自分のためのきれいにしている

勿論、外見が綺麗=内面が綺麗だとは、一概に言えません。

外見だけ気にして、礼儀が無いとか、知性が無いとか、そういう内面を向上させるという意識が欠如している人もいます。これは自分の人生を良くするためだけに綺麗にしているから内面が醜いのです。

結婚して年収の高い男と結婚して楽になりたいとか、かっこよくなって女にモテて遊びまくりたい等、打算的(要は自分の人生の為だけに)に外見にのみ気を使っている人がいるからです。

ただし、外見に気を使っている人は、内面にも気を使っている確率が高いと思います。

これは「醜くないように外見を気にするのは、人と会うための最低限のマナー」と考えていることが多く、外見を気にする人は、内面を気にしている確率が圧倒的に高いのです。

acdb33e9015ab90d413e3781e288b911 m 1024x683 - 【美とは何か】外見の美しさと内面の美しさの関係性

美しさは罪と言われるのは仕方がない…

世界三大美女の一人の楊貴妃は、その美しさ故に、「王を誑かせたのはお前だ」と謂れの無い罪により、処刑されたそうです。果たして美しさは罪なのでしょうか?

男性にも、女性にも、美しさは罪と言うのは、確かに存在すると思います。

美しいからこそ「苦労したことが無い」「お前にモテない人の気持ちが分からない」または、謂れのないような言いがかりを受けることもあるかもしれません。

嫉妬も受けやすくなるでしょう。

でも、それは仕方が無いことだと思います。何故なら、その人が美しいからです。

美しい人と言うのは、敵を作りやすい。何故なら、美しさゆえに着目されるからです。

これは実は喜ばしいことなんです。

美しいからだけという問題でもないのです。

美しいからこそ、相手のことを思って見の振る舞い方を考えれば、より美しさだけが際立つ方になるとうのも事実です。

綺麗に、美しく、そして外見に気を使うことによって、本当の内面の美しさを得ましょう。

美しさは何か?まとめ

  • 外見よりも内面という言葉は妥協の産物であり、妥協する人は美しくない
  • 外見がキレイであれば内面がキレイにな可能性が高い
  • 外見が醜くても内面がキレイであれば、自分は醜いというのを認めなければ美しくなれる
  • 外見が綺麗でも自分の為に綺麗にしている場合は内面は醜い
  • 美人がやっかみを得るのは美人だから仕方がない
  • 内面をキレイにしたければまず外見をキレイにするところから始める

内面を磨くためにはまず外見を磨くことが大切なのです。

美容カテゴリの最新記事