界面活性剤は悪?ラウリル硫酸・ラウレス硫酸の懸念点まとめ

界面活性剤は悪?ラウリル硫酸・ラウレス硫酸の懸念点まとめ

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸・界面活性剤・・・そう聞いただけで「うっ!」っとなる人が多いと思われますが、果たして界面活性剤は本当に悪なのでしょうか。今回はその点について重点的にかいていきたいと思います。

界面活性剤は適正な混ぜ方をすることによって、刺激を緩和することが出来るということは、ご存知でしょうか。





Advertisement

界面活性剤は4種類ある

界面活性剤には、洗浄力の強い陰イオン・くっつく陽イオン・乳化する非イオン・両方の性質を打ち消しあい新たな性質を持つ両性界面活性剤があります。

陰イオン界面活性剤

イオン界面活性剤の1つで、洗浄力がもっとも強く、よく泡が立つ。シャンプーや石鹸、洗剤など、汚れを落とすものによく使われる。乳化する力は弱い。

陽イオン界面活性剤

吸着性、柔軟性、帯電防止性、殺菌性の性質があり、洗濯・柔軟仕上げ剤・毛髪用のリンス・トリートメント・消毒剤がある。

塩化システリアリルジメチルアンモニウムや、塩化ベンザルコニウムなどがある。

非イオン界面活性剤

水に溶けてもイオンを発生せず。全ての界面活性剤と共に使うことが出来るため、近年では使用量が増えている。乳化剤や化粧品で多く使われるが、イオン化されないため、汚れを落とすような力は無く、そのような製品に使われることは少ないエステル型や、洗浄力を目的として使われるエーテル型など、様々な用途で使われる。

両性界面活性剤

陽イオン性と陰イオン性の二つの性質がある界面活性剤なので、洗浄力という点と、吸着性・柔軟性の両方を持っている。結果、お互いが打ち消しあうことによって、やわらかくする作用が出てくる。また、陰イオン界面活性剤の刺激を緩和し、更に泡立ちを良くする。単品で使うと肌に刺激になってしまうことから、陰イオンと一緒に使われることが多い。

界面活性剤がそもそも何故悪いといわれているのか

界面活性剤が悪いと言われている理由は、体のバリア機能を壊してしまうことや、肌に成分が浸透しやすくなってしまうなどいわれていますが、実際はどうなのかを調べて見ました。

界面活性剤で体のバリア機能が壊れるの?

確かに一部の界面活性剤では体のバリア機能を壊してしまうということは言われています。もともと汚れを落とすために作られているので、汚れ以上のものを落としてしまうケースもあったそうです。

ただ、汚れを落とさなくても肌が良ければというのは間違いです。肌の汚れが落ちないと、代謝がわるくなったり、肌の負担が増えることによって、肌が荒れ、老化の原因になってしまいます。

界面活性剤で成分が肌に浸透されやすくなるの?

肌に成分が浸透しやすくなるというのは、その通りです。ただし、悪い成分が浸透しやすくなるということは、別の見方をすれば、ビタミンなどの有効成分も浸透しやすくなるということです。もっとも界面活性剤で何が浸透しやすくなるのかや、もしも悪いものだけが浸透するのあれば、分子量を大きくすることで、肌に透過しないようにする等調整することが大事だと思います。

つまり、悪い成分をいれなかったり、悪い成分を打ち消すように設計されている製品であれば、良いものだけを浸透することが出来るようになると言うのも一つの考え方だと思います。

界面活性剤はバランスが大事

上記を見ていただければ分かるとおり、界面活性剤は単発で使うと刺激が強くなることから、色々な配合やバランスが非常に重要になります。

合成界面活性剤が入っていて、体に浸透すると思っている方もいらっしゃいますが、それは大昔の成分と界面活性剤が混ざった時に起こるそうです。現在の成分は研究が進んでおり、水と油がエステル結合したものであれば、肌の上の酵素で溶けることが出来るそうです。

カテゴリの最新記事