【20代必見】20代から健康を大切にすべき理由

【20代必見】20代から健康を大切にすべき理由

20代から健康を考える重要性は沢山あります。テクノロジーの進歩により、時代の移り変わりが急速になった現代において、非常に多岐にわたる重要性が生まれてきたからです。

今回は特に、これからの将来生きていく上で、経済的な面で、なぜ健康が重要なのかを、記載していきたいと思います。

特に20代の人たちは必見です。





Advertisement

少子高齢化から生まれる若者の貧困

国税局のサイトでも詳細なサイトがある通り、世界で最も少子高齢化が進んでいるのは日本であります。

若者一人が老人一人を支える時代になる?

2000年では3.6人に一人で高齢者を支えていたことが、

2050年では1.2人に一人で高齢者を支えなければいけません。

ある著名な経済学者が言うには、この時期に年金なんかあるはずが無いと言っている位です。2050年というのは、今の20代が大体50代から60代になっている時期ですから、今の20代は年金が貰えなくなる可能性があります。

75歳まで働く世の中になる?

こちらも、ある著名な学者は75歳まで働くことを提唱しておりますので、このままでは、今の20代は75歳まではたらないといけないのかもしれません。

75歳まで働くにはどうするべきなのか?まず、第一には健康でいるべきです。健康でいないと働くことさえも出来なくなります。

おじいちゃん世代との差は1億円

また、今のおじいちゃんのような老後を夢見ている20代の人達はそれが無理であることを知るべきです。

将来年金が貰えなくなると考えた時に、どのくらい金額に差が生まれてくるのでしょうか。

こちらも著名な経済学者は70代と20代では、約5000万円近く差が出ると言っています。また、今の経済状況では退職金も出ない企業がほとんどですので、退職金の分も考えますと、凡そ、8000万円から1億円くらいの差が生まれてきます。

従って、今のおじいちゃんのような生活をしたければ、1億円分をなんとかしないといけない。

 

長寿化された人生を楽しむのに必要

人生を楽しむために必要なことは、お金と時間と健康です。お金があれば、娯楽をする機会を得ることが出来るし、

時間があれば、その娯楽をする時間を得られます。健康がなければ、その娯楽を楽しむことができません。

今までは、その3つがバランス良く持っていることが必要でした。しかし、今はその3つのバランスが崩れており、

健康に対する重要性が相対的に増しており、コストパフォーマンスが一番良くなっています。

お金と時間が無くてもそれなりに、人生は楽しめる

昔は、海外旅行に行くとなると、とんでもない金額がかかりました

20万円から、30万円は必要になった。

1996年は大体30万円は平均して旅行に使っていましたが。2012年は大体20万円を平均して使っているというデータがある。

更に格安航空券が出来たり、民泊が出来たりするので、より安価にどこにでも行けるようになりました。

シンガポールも3万円代で行ける。だから、お金が無くても、超安く海外旅行も行ける。同様に、わざわざ、ライブ会場に行かなくても、youtubeやスマホなどの普及により、時間が無くても、自分の手元で、簡単にしかも安く娯楽を楽しめるようになった。

 

健康を維持しないと人生は楽しめない

健康であれば、どこにでも行くことが出来る。娯楽も安く楽しむことが出来る。健康でありさえすれば良い。

健康でなければ、その安くなった娯楽や、手元にある娯楽を楽しむことができない。そして、人生を楽しむことが出来なくなってしまう。ゆえに、相対的に健康を考える重要性は増してきている。

 

20代でも癌になる時代

今までは40代から60代までが癌に関係すると言われていたのが、20代から癌にかかる人が出てきています。特に乳がんや子宮系の病気は若者でもなりやすいです。そういう現代に生活しているということを認識すれば、今の内から健康に気をつけることは大事なのでしょう。

では、実際に我々の健康が脅かされている理由は何なのでしょうか?

食生活の欧米化で健康が害される?

食べるものが、野菜や魚中心のものから、輸入が進み、肉食化が進みました。

現代においてはファーストフード中心の食生活になり、肉と添加物を食べていると言っても過言ではありません。

今の日本の死因である、癌・心筋梗塞・脳卒中のトップ3は生活習慣病ですから、欧米的な食生活が原因の1つと挙げられるでしょう。

昔と今の死因の変化を見る【感染症→???】
昔と今の死因は変化しております。 昔は、感染症が死因の原因でしたが、多くの研究者の発見によって、20世紀前半に比べると感染症が激減して来ました。グラフをまとめた図がありまし…
431347b7b714e1d2559aabb64ef7953f - 【20代必見】20代から健康を大切にすべき理由

日本で許可されてる添加物の種類は欧米の75倍?

2007年時点で、日本で許可されている食品添加物の種類は、1500種類といわています。海外の食品添加物と比較をすると、アメリカ「130前後」ですし、イギリスに至っては20前後と言われています。まさに、日本は桁違いに多くの食品添加物が許可されているのです。

成長ホルモン材の注射?

また、今私たちが食べている牛や鳥肉は、成長ホルモン剤を注射されて成長を促進されているものもあるそうです。そういったモノばかり食べている人は、その動物や植物に残っているホルモン剤が微量ながら、体内に溜まっていきます。

そうしたものが、発ガン性物質となり、ガンになる可能性を高めているのだそうです。

回避策は・・・ない?

今の欧米化の食生活や、成長ホルモンや添加物の入っている食べ物から回避する策は残念ながらありません。何故ならば、それらが、現代社会の行動にピッタリなモノばかりだからです。便利だからです。

ファーストフードがなくなって、自分で一から料理を毎日作りますか?高価なオーガニックの食材を毎日食べることができますか?

恐らく、多くの方が出来ないと思います。では、それに代わって、必要なことは何なのか?まず大事なことは、健康に気を配ることだと思います。

健康を考えた方が圧倒的に得

一般的に考えてみてもらえばお分かりの通り、病気になってから、健康に戻すよりも、

健康のまま維持し続ける方がはるかに簡単で、コストパフォーマンスが良いです。

病気になって働けなくなった場合に、損をするのは

医療費+働けなくなるので、年収分損をします。人生的にも楽しめないので大損です。

毎日、健康維持のためにサプリメントを飲んだりすると、毎月のコストは上がりますが、病気になって働けなくなるというリスクを回避出来たとしたら、費用対効果はとてつもなく高いです。

20代から健康を考えた少しばかりの気遣いをすることによって、人生を楽しみ続けることができるとしたら、あなたは、今から健康に対して考えますでしょうか?

健康カテゴリの最新記事