最新の美容技術とは?医療の進歩から見るテクノロジーの変遷?

最新の美容技術とは?医療の進歩から見るテクノロジーの変遷?

私たちの身の回りの医療は日々進歩しています。昨今の話で言えば、iPS細胞と3Dプリンターを用いた、臓器移植。

重粒子治療などの先進医療も発達していきました。

それに伴って、私たちが対応できる病気も、それまで治らなかった病気にも治療法が確立され、治るようになりました。

そうした、医療の進歩の歴史を見ることは、私たちが健康を考える上で必要になります。

なぜなら、今後の医療業界がどのように進歩していくのを見れば、最先端の美容や健康の情報について、私たちが何を重要視して、健康を考えるかを知ることが出来ます。

それでは、一部抜粋して、簡単に、医療の進歩の歴史を見てみましょう。





Advertisement

医療の進歩の歴史とは?

医療の進歩は主に対処療法の歴史と言えます。

19世紀は手術がメイン?

19世紀までの医療は、主に手術にどう立ち向かうのかといったものが主流でした。

1804年 初の全身麻酔による乳がん手術

1816年 聴診器発明

このように手術に関する多くのテクノロジーが誕生しました。

ここまでで、病気の病原菌説を確立するなど、感染症への対処法も話題となりました。

20世紀前半は感染症がメイン?

20世紀前半には感染症にどう立ち向かうが、主流となります。

1901年、人に異なる血液型が存在すると発見

1906年、フレドリック・ホプキンズが、ビタミンの存在を示唆し、ビタミン不足が壊血病になると提唱。

1923年~1927年、ジフテリア・百日咳・結核・破傷風のワクチンが開発

1928年、アレクサンダー・フレミングが、ペニシリンを発見

このように、20世紀前半は手術前の感染症や・手術中の問題・手術後感染症に対処をすることにより、格段に死亡率を引き下げることができました。

しかし、死亡率を下げれば下げる程、別の病気が原因での死亡率が高まってきました。

20世紀後半はガンとの戦い?

1971年に、当時アメリカの大統領が生活習慣病に対する薬を作るように働きかけた

※1971年、ニクソン大統領(President Nixon)が「National Cancer Act」にサインをし、「癌戦争(war on cancer)」を宣言しました

これを契機として、アメリカでは、多くの生活習慣病に関する多くの薬が生まれてきました。

例えば、血圧を下げる薬や、糖尿病、アルツハイマー、ガンに対する薬などが出来上がりました。

しかしながら、現在でもそれらの薬の中で、効果的な成果あげたものは少ないそうです。

21世紀はどうなるのか?

これまで手術のテクノロジーの進歩や感染症の予防、そして生活習慣病に対する薬が出来上がってきた変遷をそれぞれ説明してきました。

では、21世紀はどうなるのでしょうか?

そのトレンドを知る上で、もっとも重要なことが以下の時期に起こりました。

21世紀は遺伝子の時代?

21世紀は遺伝子の時代だと言われています。

2003年に、ヒトゲノムプロジェクトの完成版が公開されました。

ヒトゲノムプロジェクトとは、ヒトのゲノムの全塩基配列を解析するプロジェクトのことです。1953年のDNAの二重らせん構造の発見から50周年となる2003年に完了しました。

その結果、いま、医療は遺伝子に関することで話題沸騰中です。

このヒトゲノムプロジェクトは以下のような意図で行われたようです。

  • ヒトゲノム解析が完了すれば、遺伝子疾患の原因追究やその治療法開発だけでなく、ヒトの進化の歴史の解明など、バイオ技術、生命科学に応用することもできるようになる。
  • 現在では、人間の遺伝子が25000種類で出来ているとはわかっても、それら1つ1つの効能に関しては、あまり解明されてはいない。

まとめ:医療の進歩の最先端はゲノム

ただ、ヒトゲノムプロジェクトによって、聖書に反するようなこと、(生命を作り出すこと)が行われたために、アメリカを始め先進諸国では、遺伝子変換などに対して疑問視する団体も多い。

つまり、うまく遺伝子と付き合うことこそ、医療や健康において必要だと言うトレンドになっていくのです。

実際、すでに多くの企業が遺伝子に関わりのある美容関連グッズ(化粧品など)やサプリメントに取り組んでいます。こういう過渡期に気をつけなければいけないのは、マーケティングに騙されて遺伝子という言葉だけに飛びついてしまわないことです。遺伝子と謳っていても使われているテクノロジーが以前と変わらなかったりもしたりするので、そこを判断する目が必要ですね。

これからも、ドンドン目が離せなくなりそうです。

健康カテゴリの最新記事