【ニュースまとめ】パーキンソン病の遺伝子が特定された?

【ニュースまとめ】パーキンソン病の遺伝子が特定された?

3427500D DB76 5AB7 735DFDC42F120960 1 300x300 - 【ニュースまとめ】パーキンソン病の遺伝子が特定された?

 

 

コロンビア州の大学で、パーキンソン病の遺伝子が特定されたというので、ご紹介!

パーキンソン病とは・・・

脳内のドーパミン不足とアセチルコリンの増加による神経疾患の1つであり、日本では難病に指定されています。

脳の一部が徐々に変性していく。神経変性疾患です。

人口1,000人当たりに約1人がパーキンソン病を患っていると言われています。

ウイルスのように、突然症状を発するわけではなく、

体の内側から、徐々に蝕まれていくことで、症状が表れるものだという風に認識して頂ければと思います。

 

語弊を恐れずに、分かりやすく、簡単に言ってしまえば

 

「頭の病気で、体が動かなくなってしまい、認知症と合併しやすい病気」

 

ということです。

 

どうやって対処する?パーキンソン病・・・

そのパーキンソン病は、今までは、対症療法が主流で、「症状を緩和するにはどうするのか?」といった議論に収まっていました。

 

そのため、一生治らないとも言われています・・・。

 

しかし、最近米国の論文では、

パーキンソン病の遺伝子を特定していたり、ES細胞やiPS細胞の研究に熱心な京都大学でも、そのような論文が出されていたりと、

難病指定のこの病気に対して、遺伝子レベルからのアプローチを考えている人は、とても多いです。

 

今回は、コロンビア州のある大学で、パーキンソン病の遺伝子が特定されたというニュースがありましたので、ご紹介!

 

 

研究では、57人の以前パーキンソン病と診断された人からDNAサンプルと、健常者の患者数千人からのDNAサンプルを調べ、

パーキンソン病に特有な遺伝子を発見したという。

 

サイトには、このように書いてありました。

 

An international team led by human genetic researchers at the University of British Columbia and Vancouver Coastal Health has identified the latest gene associated with typical late-onset Lewy body Parkinson’s disease (PD)

 

意訳すると・・・

University of British Columbia and Vancouver Coastal Health遺伝子研究の国際的なチームが、パーキンソン病に特有な最新の遺伝子を見つけたといいます。

 

 

またこのように書いてありました。

 

“We are forever indebted to their generosity and contribution to better understanding – and ultimately finding a cure – for this debilitating disease.”

 

意訳すると・・・

 

“私達は、永遠にPDへのよりよい理解へ寛大さと貢献に恩恵を受けられる。そして最終的に衰弱した患者のために、治療法を見つける。

 

このことから察するに、まだ、治療法が見つかったわけではないですが、これは期待できると言います。
パーキンソン病(PD)は、アルツハイマー病に次ぐ最も一般的な慢性神経変性疾患だと言います。

米国国立衛生研究所によると、パーキンソン病は、北米で100万人以上、全世界400万人以上の人々に影響を与えます。

日本では現在約10万もの方が影響を受けています。

パーキンソン病は一般的に進行が遅い病気です。

加齢に伴う遅発性PDの増加を発症するリスクが、ほとんどの患者は60代後半と70年代初頭の症状を見せ始める。

昔は、突然かかるものと思われていましたが、最新の研究では遺伝的要素が原因だとするデータを示している。

 

約15%のパーキンソン患者は、家族の中にパーキンソン患者だった人がいるそうです。

血縁間の共有遺伝子が原因の可能性があることも示しています。

 

パーキンソン病の症状は以下の通りです。

  • 安静時にふるえる
  • 字を書くのも困難
  • まばたきが少なくなる(筋肉が固まる)
  • 力を抜いた状態で間接を曲げようとすると抵抗がある
  • 動作の開始が困難になる
  • 小刻み歩行
  • 前傾姿勢
  • 小字症
  • 小声症
  • 起き上がれなくなる
  • 便秘
  • 発汗過多
  • あぶら顔
  • 食後性低血圧
  • 感情麻痺
  • 快楽喪失
  • 不安
  • うつ症状
  • 精神症候
  • 認知障害(約40%が合併したという)

パーキンソン病自体は生命を落とす疾患ではないが。身体機能低下による感染症、転落による外傷などが原因になることが多いという。

 

下の参考に挙げました、患者さんの体験記をお読み頂ければ、この病気の辛さが分かるかと思います。

 

早く、治療法が確立して欲しいですね。
参考

パーキンソン病 – Wikipedia

Parkinson’s disease gene identified with help of Mennonite family – ScienceBlog.com
An international team led by human genetic researchers at the University of British Columbia and Vancouver Coastal Health has identified the latest gene associated with typical late-onset Lewy body Parkinson’s disease (PD), with the help of a Canadian Mennonite family of Dutch-German-Russian ancestry. Twelve of the 57 members of the Saskatchewan family who participated in …

http://www.asahi.com/science/update/0221/OSK201202210083.html

患者さんのパーキンソン病体験記です

最新ニュースカテゴリの最新記事