アルギニンとは?筋トレにも効果的なアルギニンの性質・機能・効果まとめ!

アルギニンとは?筋トレにも効果的なアルギニンの性質・機能・効果まとめ!

男性にとってなくてはならない栄養素として挙げられるのはアルギニンです。今回はアルギニンについて簡単にまとめてみました。

アルギニンとは何か?

アルギニンとは体中に必要なアミノ酸です。体内で合成されることが出来る為、必須アミノ酸ではありません。ただ、アルギニンは体内で作り出せる量が少ないので、食事で補う必要があります。

また年齢と共に、体内で合成される量が更に減少してしまう為、食事から十分に取ることが必要になります。また幼児の頃には体内で作り出す量が十分ではないため、食事からアルギニンを摂取する必要があるでしょう。

アルギニンは、必要量を合成できない子供では必須アミノ酸になっていいます。代謝産物である一酸化窒素 (NO) を介して、成長ホルモンの分泌促進、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進など、生体内で種々の機能に関与しているのです。

参考アミノ酸20種?必須9種と非必須11種の名称と役割まとめ!

アルギニンの効果は?

下記にアルギニンの効果をまとめてみました

免疫力の向上

アルギニンが体内に入ると、マクロファージがアルギニンを最良として一酸化窒素を作り出します。この一酸化窒素はガン細胞を増殖するのに必要とする酵素の働きを抑える効果があります。

アルギニンを摂取することにより酵素の力を抑えてガン細胞の増殖を止めることにつながるのです。

成長ホルモンが合成され促進される

アルギニンを摂取することで、成長ホルモンの合成を促すことが出来ます。成長ホルモンは筋肉の疲労回復肌の健康維持に繋がります。

成長ホルモンが合成されることを助ける結果、身長が伸び、筋肉の成長を助けることになります。成長過程の子供では合成速度が遅い為、積極的に食事から摂取した方が良いとされています。

更に成長ホルモンには傷の治りをスムーズにしたり、病気にかかりにくい体にしたり、脂肪の代謝を促進したり、食欲を抑制する効果があります。

参考人間のホルモンの種類とは?主要なホルモン40種類の名称と役割まとめ!

男性の性機能を改善させる

アルギニンは精力の増強や勃起障害に効果的です。男性の勃起障害の原因は様々ですが、アルギニンを加えることで血流を改善させ、精子の量を増やし、精子の運動能力を向上させる効果があります。

不妊の50%の原因は男性の性液の不活性だといわれています。アルギニン自体はアミノ酸として性液の材料にもなりますので、妊娠のしやすさも増大させるといわれています。

生活習慣病の予防に

アルギニンは体内で一酸化窒素を作り出すことが出来ます。これはマクロファージと結び付くことにより一酸化窒素を作り出すのです。一酸化窒素は血管を拡張させる効果があります。

アルギニンを摂取することにより、冷え性・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの生活習慣病の予防効果が期待できます。

美容のアミノ酸として…

肌が荒れているというのは、角質層のアミノ酸の水分不足が原因とされています。つまり保湿力の低下です。アルギニンには角質層を保湿する効果があり、アトピー性皮膚炎や老化による乾燥もアルギニン配合クリームで改善されたという報告があるのです。

参考保湿のやり方まとめ!シンプルで保湿効果抜群のスキンケア方法とは?

男性だけでなく女性もアルギニンを取るべき理由?

女性がアルギニンを取ることによって得られるメリットを簡単に列挙すると下記の通りです。

女性もアルギニンを取るべきメリット

  • 美肌(保湿力の向上・成長ホルモンによるコラーゲン生成力向上)
  • 顔色がよくなる(血管拡張作用)
  • ダイエット(食欲抑制・脂肪燃焼効果)
  • バストアップにつながる可能性(成長ホルモン)

補足:成長ホルモンが女性のバストアップにつながる理由?

女性のバストアップのメカニズムは体内で合成された成長ホルモンがラクトゲン受容体を介して乳腺に作用することでバストアップをするといわれています。

しかし、10代でラクトゲン受容体が出てこない人もいるそうです。10代の頃にバストアップしなかった人は、20代の時にやっとラクトゲン受容体が出てきたときには体内で合成される成長ホルモンの量が既に低下しているため、バストアップが出来ません。ですので、成長ホルモンの合成を促してあげるとバストアップにつながると言います。

成長ホルモンが少なくなる20代からアルギニンを摂取することにより、バストアップが期待できるのかもしれません。

こう言った理由から男性だけでなく女性もアルギニンを摂取した方が良いと言われています。

アルギニンは1日どのくらい取れば良いの?

1日1g〜8gが目安と言われています。長期的に摂取しないと効果が出てこないので、長期的に摂取しましょう

アルギニンを豊富に含んでいる食べ物は?

アルギニンは鰹節やゼラチン・湯葉・きな粉・大豆にも豊富に含まれています。

アルギニンを多く含んだ食材のTOP10に大豆系の食べ物が入っています。特に大豆類を中心に食べていれば、アルギニンを豊富に摂取できていると言って良いでしょう。

大豆系のプロテインなんかを飲むとアルギニンも同時に摂取できているので、リーズナブルですね。

なお、アルギニンは運動前後にとれば疲労回復をサポートし、就寝前に取れば成長ホルモンの合成を助けることができそうです。

アルギニンの科学的データは?

勃起不全に対する経口摂取での有効性が検討されていると言われています。5 g/日摂取で機能性勃起不全患者において性機能が自覚的に改善したという報告があります。しかし、それ以下の用量では効果がなかったようです。

また、術後回復に対して有効性が示唆されている。RNAおよびエイコサペンタエン酸との併用で、手術後や重篤な疾病の患者における回復を早め、免疫反応を改善するのに腸溶錠あるいは経口摂取で有効性が示唆されているようです。手術前後の食事に加えてRNA、EPA、L-アルギニンを摂取すると、術後感染が減り、傷を治癒し、回復が早まったという知見があるようです。

アルギニンの注意事項は?

アルギニンは天然のアミノ酸であり、副作用の心配はありませんが、過剰摂取にはお気をつけください。

特定のアミノ酸だけを過剰摂取すると、アミノ酸が相対的に欠乏していると体が反応してしまい、アミノ酸の効果が低下してしまう可能性があります。

アルギニンを摂取する場合は同時にプロテインなどのタンパク質と同時に摂取することがオススメです。

参考プロテインを飲むタイミングで筋トレの効果半減?朝よりも夜に飲んだほうが良い理由とは?

参考ホエイ・ソイ・カゼインの違い?良質なプロテインの選び方

栄養カテゴリの最新記事