肥満に効果大?海藻に含まれるフコキサンチンの性質・機能・効果とは?食事での補給法をまとめてみた!

肥満に効果大?海藻に含まれるフコキサンチンの性質・機能・効果とは?食事での補給法をまとめてみた!

昔、両親から「海藻はミネラルがたっぷりだから食べなさい」と、ひじき・わかめ・もずくを食べさせられた人は多いとおもいます。実は海藻はミネラル以上に大切な脂溶性のファイトケミカルがありました。それがフコキサンチンといいます。



Advertisement

フコキサンチンとは?

フコキサンチンは海藻や微細藻類に含まれる脂溶性のファイトケミカルであるカロテノイドの一種です。最新の研究によると、フコキサンチンは脂溶性のファイトケミカルの抗酸化作用以外にも多くの効果があることが明らかにされています。

フコキサンチンの性質・機能・効果とは?

フコキサンチンは肥満や糖尿病の発症予防に効果的な作用があるといわれています。マウスにフコキサンチン0.2%を含む食事を4週間食べさせた結果、脂肪組織を構成する脂肪細胞のサイズが、普通の食事のマウスと比べると小型であるという実験データがあります。

また、インスリンの抵抗性がある太っているマウスにフコキサンチンを投与すると、骨格筋でのインスリンの抵抗性が改善されることがあると言われています。この結果、糖尿病の効果もあると言われているのです。

またフコキサンチンは破骨細胞の分化を抑制することにより、骨粗鬆症やリュウマチを予防することが出来る可能性が言われています。

更に、フコキサンチンは脂質代謝に関する遺伝子の発現に影響を及ぼすとも語られており、脂質のレベルを低下させる可能性があるとも言われているのです。

他にも数多くの効果が言われているフコキサンチンは注目に値する栄養素だと思われます。

フコキサンチンの性質・機能・効果をまとめると下記のとおりです

  • 肥満予防
  • 糖尿病予防
  • 高血圧予防
  • ガン予防
  • 炎症予防
  • 抗酸化作用
  • 肝臓保護作用
  • 心疾患・脳血管保護作用

フコキサンチンがオススメな人は?

先に書きましたフコキサンチンの効果から考えますと、フコキサンチンがオススメな人というのは、肥満しやすい方、食べ過ぎな方などになります。20代後半から30代くらいからフコキサンチンを意識して摂ると良いかなと思います。

フコキサンチンの一日の推奨量は?

日本人のフコキサンチンの推奨量は、残念ながらレポートされていません。これはフコキサンチンは健康の保持増進効果を確認したものではなく、分類上は一般食品になるため、安全性や推奨基準や上限量が定められていないからです。

ただ、海外の実験データを見てみるとフコキサンチンがヒトで試験された際には、ザクロ300mgとフコキサンチン2.4mgを含む褐藻抽出物で行われているものがあり、ある程度の結果を出しているということが言われていました。

また、日本農芸化学会によると一日に2.4mg~3mgを1ヶ月から4ヶ月ほど継続していくとある程度の効果が出たということが掲載されていました。

下記引用になります。

ロシアの研究グループによると,フコキサンチン2.4 mg/dayをBMI 30以上のロシア人女性に16週間投与することで体脂肪が低減したことが報告された(20).また日本でもヒト試験が行われており,肥満人口の9割程度が分布するBMI 25~30の日本人男女に対して,フコキサンチン3 mg/dayを1カ月投与することでBMIおよび内臓脂肪面積の減少が見られ(21),さらに肥満人口が最も多い40歳以上の日本人男性に対しても3 mg/dayの28日間投与によりBMIが減少したことが報告されている(22).以上のようにフコキサンチンのヒトに対する抗肥満作用が期待されるが,現段階では研究例が極めて少なく,その安全性を含めた詳細な検討が期待される.

日本人のフコキサンチンの平均摂取状況は?

日本人のフコキサンチンの平均摂取状況は、残念ながらレポートされていません。これはフコキサンチンは健康の保持増進効果を確認したものではなく、分類上は一般食品になるため、安全性や推奨基準や上限量が定められていないからです。

フコキサンチンを食べ物で補給するには?

フコキサンチンは脂溶性のファイトケミカルであるので、脂に溶ける性質があります。その為、人間の消化器官は基本的に水が中心ですので、フコキサンチンを摂ったとしても効果はありません。

それでは脂と一緒に取ればよいのかというと、大豆油や植物油ではフコキサンチンが溶けることが難しいと言われています。もしもフコキサンチンを効果的に摂取するのであれば、魚油などと共に摂取することが効果的なのではないかと言われています。

フコキサンチンまとめ

  • 脂溶性のカロテノイドである
  • 海藻から摂取することが出来る
  • 抗肥満・抗炎症作用・抗酸化作用が期待できる

 

参考

褐藻由来フコキサンチンの抗肥満・抗糖尿病効果とその機序

Evid Based Complement Alternat Med. 2015; 2015: 723515. Published online 2015 May 27. doi: 10.1155/2015/723515 PMCID: PMC4461761 PMID: 26106437 Fucoxanthin: A Promising Medicinal and Nutritional Ingredient

栄養カテゴリの最新記事