【海外では薬?】脳機能の改善が認められるイチョウ葉エキスとは?

【海外では薬?】脳機能の改善が認められるイチョウ葉エキスとは?

イチョウは、原始時代のころから変わらない姿でいて、恐竜の時代からあったとされる、世界で最古の植物である。

イチョウは、ヨーロッパで販売数トップのハーブの薬であり、米国のトップ10の一つである。

昔から、イチョウの葉というのは用いられてきた。初めて文章として出たのは、1712年にドイツのケンペルが著した書物にて発見されています。





Advertisement

イチョウ葉エキスは世界75の国では薬?

イチョウ葉エキスは、世界75カ国で脳循環・脳機能改善薬として医薬品の承認を受けているそうです。

ただ、一方それ以外の国では医薬品としての認可はおりていないそうです。

日本やアメリカでは医薬品ではなくサプリメントとして?

その医薬品としての認可がおりていない代表的な国は、日本やアメリカです。

日本やアメリカでは、イチョウ葉エキスが医薬品ではなくサプリメントとして販売されています。

これは薬事法の成り立つが違うからと指摘されている点もあると言います

アメリカの一部は効果に反発している?

特に、アメリカでは最近の研究論文では「認知症対策には効果が無い」という風な論文も出ているため、

臨床データに対して疑問を呈するサイトもあるそうです。

イチョウ葉エキスの効果が有効である理由は?

イチョウ葉には多数のフラボノイドとギンコライドという成分が含有されております。フラボノイドは抗酸化力が期待できますし、ギンコライドという成分はアルツハイマーの原因であるアミロイドβというタンパク質を分解するというデータも出されています

食品だからこその問題

日本やアメリカでは薬ではなく、食品というカテゴリーであるサプリメントとして発売されている為、ある問題が生じます。それは、臨床データが取られないことです。

データが無くても販売して良いという実情

よくありがちな広告ではありますが、イチョウの葉の効能を謳った広告だけを載せ、その食品自体のデータが掲載されていないということがあります。食品ですから臨床データを掲載してはいけないので、そういったことになるのは仕方がないことです。

逆に、臨床データを掲載してはいけないということは、データを取らなくても良い為、実際に成分が全く入っていなくても問題がないのです。

食品と扱われるせいか、薬のように規制している法律がないので、医薬品規格を下回るものが出回っても、法律的には問題はないのです。

抽出・配合の仕方によって効果が違う

少し難しい話になりますが、イチョウ葉エキスは抽出・配合の仕方により効果が持続する時間が変化してしまいます。例えば、フラボノイドとギンコライドの配合量を少し変えるだけで、1日8時間しか効果が持続しないものになってしまいます。

また、ギンコライドもギンコライドA、ギンコライドB、ギンコライドCと種類があり、それをイチョウ葉の状態と同じように配合させてあげなければ、効果が弱くなったりしてしまうそうです。

サプリメントではありますが、すり潰したり、濃縮して抽出するだけでなく、その方法や作り方にまで拘らなければいけないのです。

ギンコール酸の除去は必須

ちなみに、普通にイチョウ葉をすりつぶすだけですと、イチョウ葉に含まれているギンコール酸が除去されておらず、ギンコ副作用で下痢、嘔吐などを起こす人もいるそうです。

ただし、イチョウの葉には、ギンコール酸という毒があるため、「自分で採ってきて煎じて飲む」という行為は絶対に行ってはいけない。

イチョウの葉の効果は?

では、イチョウ葉にはどのような効果があるのでしょうか?

毛細血管の血行がよくなる

イチョウ葉を摂取することにより、窄まった血管を広げてくれる効果があります。

  • 認知症
  • 高血圧
  • 耳鳴り
  • 冷え性
  • アレルギー
  • 花粉症
  • 神経痛
  • 頻尿
  • 肩こり
  • インポテンツ
  • うつ病
  • 血小板の抑制作用

認知症にも良い

特に認知症には、先述したギンコライドにより脳の中のボケの原因とされるアミロイドβを除去する効果もあると言われているものもあります。色々なデータがありますが、現存する医薬品に比べると多少ではあるが、効果が高いとするデータもあるので、副作用がなく、効果があるのであるならば、むしろ優秀であると思われる。

疲れやすさの改善

血行が悪くなると、体の働きが悪くなり、単純な作業にも疲れやすくなるので、そういった意味でも必要ですね。

集中力を高める

また、脳に十分な血流が行き渡るようになるので、脳が疲れにくくなり集中力が期待できる。

フラボノイドによる抗炎症作用

イチョウに含有されている、フラボノイドには、治癒効果の高い抗酸化物質も多く含有されています。炎症や過剰な血小板の活動を抑えて血管を保護し、血管を広げ、血液をさらさらにして流れやすくする。また、過剰な炎症を抑えフリーラジカルを抑制する物質を供給することで、病気や毒素によるダメージを治療しやすくする。

選び方に注意が必要

イチョウ葉を摂取しようと思うとサプリメントで選ぶことになると思われますが、先述した通り、成分の配合比や抽出方法を間違えると意味のないものを摂取してしまうことになりかねません。

選び方に注意して、効果が高いものを選びましょう。

栄養カテゴリの最新記事