背筋を鍛えたい!ベントオーバーロウのやり方と注意点をご紹介!

背筋を鍛えたい!ベントオーバーロウのやり方と注意点をご紹介!

ベントオーバーロウと聞いてもよくわからない…。そんなあなたに初心者でも鍛えることが出来るベントオーバーロウについてご紹介いたします。





Advertisement

ベントオーバーロウって何?

いきなりベントオーバーロウと聞いてもわからないと思いますが、画像でみると「こういう筋トレやっている人いるわー」ってなる程メジャーなのが、ベントオーバーロウです。

9a73932e0ab216cfafa36658c7c76b19 300x169 - 背筋を鍛えたい!ベントオーバーロウのやり方と注意点をご紹介!

ベントオーバーロウの効果は?

主に背筋の上の方を鍛えることに特化しております。

広背筋が鍛えられますので、背中に厚みを出したい方。男らしい背中にしたい方にはオススメの筋トレです。

大円筋・菱形筋・三角筋後部を鍛えることが出来ます。

ベントオーバーロウのやり方は?

開始の時

バーベルを順手もしくは逆手で持ちます。この際、肩幅より広めにバーベルを握ります。

足は肩幅くらいに開き膝を若干曲げます。体幹を前傾させるように行いましょう

筋トレ中は胸を張るようなイメージで行うと良いでしょう。肩を広報に引きながら胸を前に出すようにして背中を伸ばします。

バーベルを上げるとき

バーベルを引き寄せるときにはお腹に引き寄せます。胸に引き寄せてしまうと腕の筋肉で引っ張ってしまうので、背筋を鍛えることが出来ません。このときに手首を曲げることがないように。

バーベルを下げるとき

皮脂をゆっくりと伸ばし開始の時に戻しましょう。上げるときも同様ですが、体幹をぶらさないようにしましょう。バーベルを下ろすときはスクワットと同じようにしゃがんで、バーベルをおろしましょう。

ベントオーバーロウで注意する点とは?

スタンス(足の幅)は肩幅くらいで、膝を若干曲げましょう

グリップを肩幅よりも広めに握ります。

肘関節が十分に伸びるまでバーを下ろしましょう。急に伸ばすと肘に負担が掛かりますのでゆっくりおろします。

エクササイズ中に上背部が丸く曲がってしまうと背筋が鍛えられないばかりが腰痛の原因にもなりかねませんので注意が必要です。

肩の動き・体幹・膝・手でバーベルを上げることはやめましょう。

筋トレカテゴリの最新記事