コルチゾールとは?ストレスホルモンコルチゾールの性質・機能・役割まとめ

コルチゾールとは?ストレスホルモンコルチゾールの性質・機能・役割まとめ

ストレスホルモンと言えば、アドレナリンやコルチゾールなどのホルモンがあります。今回はコルチゾールホルモンについてご紹介したいと思います。

参考人間のホルモンの種類とは?主要なホルモン40種類の名称と役割まとめ!

コルチゾールとは?

糖質コルチコイドの一種であり、副腎皮質ホルモンの一種と言われ、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)とも言われてています。生体にとって必要なホルモンとも言われています。アドレナリンと同じようにストレスを感じても発生するので、別名ストレスホルモンと言われている。

体内では、コレステロール→プレグネノロン→コルチゾン→コルチゾールとして生合成されます。

余談ですが、プレグネノロンは、プロゲステロン・コルチコイド・アンドロゲン・エストロゲンを生成するのに必要な前駆体だとも言われています。コレステロール大切なんですね…。

参考低すぎてもダメ!コレステロールの役割・機能と不足時のデメリットは?

コルチゾールの性質・機能・効果とは?

コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれているだけあり、ストレスを感じることにより発生します。ストレスが発生した場合にそのストレスを処理して精神的に安定させるためにコルチゾールが使われるのです。

コルチゾールが生体にとって必要なホルモンと言われている理由は糖代謝・脂質代謝・タンパク質代謝に関与しているからです。タンパク質をアミノ酸に代謝することを異性作用とも言われています。長時間運動をすることにより血糖が下がった結果、筋肉が分解されて糖新生されるという現象にも関わっているそうです。また、血糖が少なくなると、肝臓を刺激してグリコーゲンを分解しブドウ糖として血液に放出するように司令をだします。また、ブドウ糖も作るようにもするそうです。

コルチゾールは、分泌される量により血圧や血糖のレベルを高めます。過剰に分泌された場合は脳の海馬を萎縮させるともいわれているのです。また、コルチゾールが過剰に分泌されると副腎の病気であるクッシング症にもなると言われています。クッシング症の主な症状は高血圧・体重増加・骨粗鬆症・顔のむくみなどが挙げられます。

適量のコルチゾールであればインスリンの影響を緩和したり、体内の消炎作用としては主役クラスの役割を発揮します。炎症を発見することによりコルチゾールがコルチゾンへと変化をすることから、炎症を鎮めるといわれているのです。糖質コルチコイドには強力に炎症を抑える作用がある。だからステロイドを塗るのです。

また、睡眠や覚醒のサイクルの制御もコルチゾールの役割になります。朝目が覚める時もコルチゾールが関係していると言います。コルチゾールは徐々に徐々に分泌が増えて、起床30分頃に最も分泌が増えるのです。

また、コルチゾールには、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの作用を強めることになります。

コルチゾールが適正な量ではなくなると?

コルチゾールは不足も問題ですが過剰に分泌されるのも問題です。

コルチゾールの分泌が少なくなると、アジソン病という病気を引き起こすことがあるそうです。また、全身の倦怠感や疲労感・筋力低下・下痢・嘔吐・吐き気・体重減少・低血圧・食欲不振等を引き起こすと言われています。

逆に、コルチゾールの値が過剰すぎると、色々な問題があります。例えば、インスリン抵抗性を強めるという問題が発生します。メタボリックシンドロームの背景にはコルチゾールの値の上昇もあるとも言われています。他には、不安とうつ病・頭痛・心臓病・記憶と集中の問題・消化不良・睡眠不足などの問題もありますので、むやみにコルチゾールを増やせばよいというものでもありません。

コルチゾールが過剰になると肌にとっても悪影響があります。コルチゾールはビタミンCやビタミンBをかなり消費されてしまうのでコラーゲンの合成や抗酸化に問題が出ます。コルチゾールは適正にしたいところですね。また、コルチゾールの過剰分泌が肌のセラミドを分解するという研究もあるそうです。

過剰すぎてもダメ、不足すぎてもダメ。コルチゾールは適量が一番なのです。

コルチゾールのケアを意識したほうが良い人は?

乾燥肌が気になる人はコルチゾールを意識した方が良いでしょう。ストレスを感じている人も、積極的にコルチゾールについてのケアを考えたほうが良いかもしれません。

日頃から出来るコルチゾールのケアとは?

コルチゾールを適量に保つにはどうすればよいのか?まずはストレスの原因を断つことが大切です。例えば、美味しいものを食べて、適度に運動をして、睡眠をたくさんとると良いでしょう。また、マッサージやヨガやマインドフルネスなども試みても良いでしょう。深呼吸するだけでもストレス解消には役に立ちます。

外に出て友人と会ったり誰かを助けたりすることも良いでしょう。また趣味を初めるのも良いです。

忙しすぎてどうにも出来ない場合は、笑顔を作りましょう。笑顔を作ればそれだけストレス解消に役に立ちます。

このように適度なコルチゾールにしようと思った場合には、ストレス解消の行動をすると効果的だと言われています。

また、コルチゾールはコレステロールが原料になりますから、コレステロールが不足しているとコルチゾールが適量に分泌されなくなってしまいます。コレステロールをむやみに下げすぎないようにしたいところですね。

コルチゾールまとめ

  • コルチゾールはとても大切なホルモン
  • 不足しても過剰分泌も良くない
  • ストレス解消をすることが大切

コルチゾールは不足しても過剰すぎてもダメです。現代はストレス過多の社会とも言われているので、コルチゾールが過剰に分泌しやすいとも言われていますので、注意が必要ですね。

内臓カテゴリの最新記事