【シャンプーのシリコン】ノンシリコンシャンプーが無意味な理由

「このシャンプー、シリコンが入っているから嫌だ」

「ノンシリコンシャンプーが良いわ」

シャンプーの選び方を考えていくと必ず出てくるのが、「ノンシリコンシャンプー」が良いという言葉。

シリコンは頭皮の皮膚呼吸の邪魔をするので発毛に悪い!」といわれています。

たしかにシリコンを大量に使うことで髪をコーティングしてしまい、髪のカラーが入りにくくなり、頭皮の呼吸を邪魔することもあるでしょう。

しかしシリコンは使い方によって、無害になると知っていましたか?

今回は、シャンプーの中に入っているシリコンについて解説します。

シリコンが入っているシャンプーでも問題はない

結論を先にいうと、シリコンが入っているシャンプーでも問題はありません。

どういったシリコンを使っているのかとシリコンを使っている会社の製品開発の姿勢の方が大切でしょう。

ちなみにシリコンには下記の種類があります

  • 揮発性シリコーン:シクロペンタシロキサンなどのシリコンのこと。蒸発するシリコーン。コーティングよりは他の成分と混ざる
  • アミノ変性シリコーン:アモジメチコン・アミノプロピルジメチコンのこと。分子量が大きいほど髪への吸着性が高い
  • ジメチルシリコーン:ジメチコンやジメチコノールのこと。分子量が小さいものから大きいものまである。
  • ポリエーテル変性シリコーン:PEG-(数字)ジメチコン・ポリシリコーンのこと。髪のきしみの緩和・髪のパサツキを抑える

ただしシリコンは種類も多く覚えることも難しいです。成分名から種類を判定することができないものも多いでしょう。

かなり勉強してきてわかったことは、はっきり言ってシリコンについて詳しく勉強しても無駄だと思います。シリコンを見極めることができれば、シャンプーの中にシリコンが入っているか否かを確認することが出来るのです。

シリコンを見極めるには下記の言葉が入っているかどうかです。

  • メチコン
  • シロキ
  • シリル
  • シラン

横文字の中に上記のような言葉があればシリコンだと思って間違いないでしょう。

シリコン入りのシャンプーは無害

そもそもシリコンは基本的には安全性の高い成分です。

シリコンが入っている製品を調べてみると、赤ちゃんに使われるものや化粧品があります。

シリコンは安全性が高く、優れものなのです。

シリコンが悪いのはウソ?

「シリコンが頭皮をフタしてしまっている!!だからダメなのよ!!!」という人もなかにはいます。

ちょっと待ってください。

その人は実際にシリコンにより頭皮がコーティングされたものを見たことがあるのでしょうか?

実際にシリコン入りのシャンプーを使っても、頭皮がコーティングされることはありません。

分子レベルで見たら分子の大きさから隙間が出来るので問題ないです。

むしろ、皮膚呼吸を邪魔するのはシリコンよりもミネラルオイルです。ミネラルオイルは皮膚の表面に油膜を作ってしまう可能性が高いので、皮膚呼吸を妨げる可能性が高いです。

ここまで簡単に説明してみましたが、やはりこういう分野は研究者や科学者にしかわからない領域ですよね。

そもそもシリコンの原価は高い

「シャンプーの選び方」でも紹介しましたが、シリコンは実は高級品です。

1kgあたりで計算すると…

  • 植物油:200円から300円
  • シリコン:4000円

安価に売って、さらに原価差で儲けたい一部メーカーとしてはシリコンを入れると利益率が低くなってしまうのです。

私達みたいな一般人が当たり前のように喋っている知識って、根拠が無く意外に間違いが多いことが分かりますよね。

シリコンシャンプーが悪でノンシリコンシャンプーが善になった背景

シリコンシャンプーは悪くノンシリコンシャンプーが良いという風潮が出来ていますが、そもそもその風潮はいつから出来ているのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーが強くなった理由

シリコンシャンプーが悪でノンシリコンシャンプーが善になった背景は、資○堂の○subakiのバカ売れです。

そのシャンプーはCMも人気で洗い上がりもツヤが出るので、大変人気が出ました。

そのシャンプーの洗い上がりのツヤの原因は大量のコーティング剤です。コーティング剤にはシリコンが入っています。このシリコンが髪の洗い上がりを素晴らしいものにしたのです。

ただし、そのシャンプーには問題がありました。美容院でカラーを入れようと思っても入れることが出来なかったのです。

原因は美容院でもコーティング剤を洗い落とすことができず、コーティングされたまま髪を染めようとしたことです。コーティングされているので髪を染めようと思っても染まりませんでした。

その結果美容院では、「そのシャンプーを使用されている方はあらかじめ申し上げてください」と前に言ったのです。

そのシャンプーが美容業界で敵視されたことで、メーカーが便乗し、「コーティング剤が入っているものはだめだ」「シリコンはダメだ」と言い始めたわけなんです。

その結果、そのシャンプーに対抗してノンシリコンシャンプーが作られるようになったと言います。

ノンシリコンシャンプーでもコンディショナーがシリコンなら意味なし

「それでもノンシリコンシャンプーが良い」という人もいるでしょう。

その場合はノンシリコンシャンプーを使うと良いと思います。ただし、シリコンを避けるのであれば、トリートメントやコンディショナーにもシリコンが入っていないことを確認しましょう。

シリコンが嫌だからといってノンシリコンシャンプーを使っている人にも、トリートメントやコンディショナーの中にシリコンが入っているケースが多いです。

トリートメントやコンディショナーの中にシリコンが入っていたら、ノンシリコンシャンプーを選んでも、結局コーディングされてしまうので意味がないでしょう。

ノンシリコンシャンプーが嫌いな人はコンディショナーの中にもシリコンが入っていないことを確認しましょう。

特殊なシリコンもある

また、特殊なシリコンについても知っておけば良いと思います。
特殊なシリコンが入っているケースは値段の高いシャンプーである可能性が高く、こだわっているシャンプーだと言えるでしょう。

  • 〜加水分解〜:熱に反応して皮膜効果出るので、熱を与えなければ皮膜されることがない
  • 〜クロスポリマー:シリコンの連続使用による蓄積を防ぎ、良好な感触を持続する

シリコン入りシャンプーは使い方による

シリコン入りシャンプーについて説明してきました。

シャンプーのシリコンについてもまとめてみましょう。

  • シリコンは使い方によっては無害
  • ノンシリコンシャンプーがでたのはシリコンシャンプーが馬鹿売れしたから
  • ノンシリコンシャンプーを使ってもコンディショナーにシリコンがあれば意味がない
  • 蓄積されないクロスポリマーのような特殊なシリコンもある

シリコンがはいっているか否かでシャンプーを選ぶよりも、成分の全体感の中で製品が選べるようになると良いですね。

▼美容・健康・栄養の少人数のゆるい勉強会を開催中

美容・健康・栄養の勉強会を開催中

  • 都内近郊で開催中・参加費は500円!
  • 美容・健康・栄養について参加者同士でディスカッションします!
  • 参加者数は200名以上突破!ゆるく少人数で勉強会を開催!

Health Talk Cafeの詳細はこちら

▼参加された方のご感想を一部紹介します
  • 体系的ですごく役に立ちそうです。また受けたいです(35歳男性 SE)
  • 知らない働きの栄養素が沢山ありました(25歳女性 SE)
  • もっといろいろなことが知りたい、学びたいと思いました(26歳女性 医療系)
  • 自分が取る食べ物に対する見方が変わった為(28歳女性 金融系)
  • 2回目参加することにより改めて理解が深まった(27歳男性 飲食系)
  • 自分の身を守る知識を沢山学べることができた。また参加したい(28歳男性 SE)
  • 一般人がアクセス出来ない知識を実体験を交えていてわかりやすく説明してくれた(28歳 女性 IT系人事)

Health Talk Cafeの詳細はこちら遠方で参加できない方は気軽にLine@から相談なども可能です!

Line@でのご相談はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Health Hackの中の人をフォローする
Health Hack【20代・30代向け健康・美容ブログ】