腸・腎臓・肝臓・血液を活用?10倍効果的なデトックス方法とは?

腸・腎臓・肝臓・血液を活用?10倍効果的なデトックス方法とは?

体にとって解毒というのはとても大切なことです。デトックスの記事で、体内の解毒システムについてご紹介しました。要するに、体内の解毒システムとして主に4つが大事だということでした。

役割
異物が入ってくるときの防御兵
腎臓 液体を浄化する王様
肝臓 アルコール・油・薬・添加物などの異物を浄化する女王
血液 毒素・栄養素の運搬役

今回はそれぞれの部位を効果的に機能させる方法をまとめてみました。

解毒システムを活用し10倍効果的にデトックスをする

腸・腎臓・肝臓・血液の4つの体内解毒システムを効果的に生かすことが10倍効果的にデトックスをやる、最も簡単で、最も楽チンな方法です。

  • 体に意識してこだわっている人はほとんどいない分伸び代しかない
  • 体内に備わっているものを全て2.5倍ほど気をつけてケアしてあげれば良い
  • 岩盤浴など意識せずとも、ケアしてれば勝手に解毒してくれる

そうすれば、簡単に2.5倍×4部位で(腸・腎臓・肝臓・血液)で10になるからです。

それぞれの部位についてみていきましょう。

 

腸のケアの鍵は何か?

腸のケアにおいて必要なものは以下のとおり

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を摂取する

善玉菌が優勢だと、病原菌が腸内に進入するのを防ぐ。栄養も吸収しやすくなります。

悪玉菌が優勢だと、腸内のたんぱく質を腐敗させ、有害物質を作り出す。生活習慣病や老化の原因になります。

ちなみに、腸内には日和見菌という菌もあり、これが全体の7割程度あると言われる大半のものです。この菌は、量の多い方の菌に加担する性質があります。

つまり、善玉菌の量を優勢にすると日和見菌も加担してくれるので、デトックスに超効果的なんです!

そのために、必要なのは、乳酸菌やビフィズス菌となります。

また、納豆にも納豆菌があり、これも善玉菌です。ただし、乳酸菌と納豆菌は同じ善玉菌でも合わさらないと言う特徴を聞いたことがありますので、チーズやヨーグルトが好きな人は、納豆で善玉菌をカバーしない方が良いでしょう。

また、腸内環境を整えるべき理由でもお話しさせていただきました通り、体の栄養素の吸収と腸は非常に密接に関わっていますので、まずはじめに腸内環境を整えることが大切です。

食物繊維で腸内環境を良くする

食物繊維をとる理由は主に二つあります。

①善玉菌の栄養になることで、腸内環境が良くなる(例:オリゴ糖など)

②便の骨格となるため、排便が良くなることで、毒素を体外で排出しやすくなる

水溶性の食物繊維・不溶性の食物繊維の2種類があります。詳しくは食物繊維と植物栄養素についてをご覧ください。

腎臓のケアはデトックスの要?

腎臓のケアに必要なものは下記の通りです。

ビタミンCで抗酸化する

抗酸化作用・炎症を抑える・腎臓の機能を正常化・利尿効果

ちなみに、ビタミンCは大量に摂取しても副作用はないものもあります。(アスコルビン酸ではなく、エスターCの場合ですね)

暴飲暴食をしない

何にでも言えますが、暴飲暴食はエネルギー供給過多になったり、たんぱく質のバランスが崩れる原因になったり、消化にエネルギーを使うので、あまり良いとはいえません。

腹八分目が、人間が最も健康でいられるレベルということにもなっておりますので、注意が必要ですね。

減塩する

塩分は過度に摂りすぎると体に悪いです。

塩分を摂りすぎると、血中のナトリウム濃度が高くなり、水分がそこに引き寄せられるようになるため、血管に支障が来してしまいます。それを浄化するために、腎臓が働く為、再び、腎臓に負荷をかけてしまうからです。
いかがでしたでしょうか?

肝臓のケアをする

肝臓のケアに必要なものは以下のとおり

肝臓の最強のパートナーマリアアザミ

マリアアザミは肝臓が解毒をする際に使うグルタチオンを含んでいるハーブです。

マリアアザミがどのくらい素晴らしいのかについては、下記を参照

【ヨーロッパでは薬に認可?】肝臓の最強のパートナー:マリアアザミ

肝臓代謝に必要不可欠、Lシスチン

Lシスチンは、体内に入るとL-システインというアミノ酸に分解されます。

このアミノ酸は肝臓の代謝に不可欠です。Lシスチン入りのサプリメントは、主に、美肌やシミ対策で売られているが、

肌代謝も肝臓の代謝も同じ代謝であるので、二日酔いなどにも効果がある。また、肝臓の解毒作用に重要なグルタオチンを作るアミノ酸とも言われております。

血液のケアをする

血液のケアに必要なものは以下のとおり

血管を柔らかくする為の、オメガ3系脂肪酸

体内の血管を柔らかくするために必要なのが、オメガ3系の脂肪酸が必要である。

オメガ3系脂肪酸のさらなるメリットを確認したい場合は、下記の記事も大変参考になります。

【血管を柔らかくする】血液もサラサラにする:オメガ3系脂肪酸

若い20代のうちからオメガ3系を摂り続けることは、将来的にはとんでもない圧倒的な差が生まれてくるのでしょう。

全体として抗酸化栄養素を取るべき

また、全体として、基礎的なビタミン・ミネラルや抗酸化栄養素も合わせて取るべきです。

なぜなら、解毒をする際に必要になるのは、大量のビタミン・ミネラルであり、体の中の活性さんを無毒化する際にも、ビタミン・ミネラルが必要になるからです。

それだけではなく、抗酸化のαリポ酸やコエンザイムQ10なんかも必要になるので、取っておく必要があるでしょう。

そうした、体内解毒システムをフル回転させられる状態になった上で、ヨガや岩盤浴やデトックス等いろいろとやってみると、デトックスが10倍効果的にできるようになるのです。

健康カテゴリの最新記事