日用品・化粧品の価格の内訳は?中身にいくら使われている?

日用品・化粧品の価格の内訳は?中身にいくら使われている?

日用品・化粧品の価格って、どのように使われているか、

どうなっているかご存知ないと思います。

ある国内大手日用品会社の決算発表資料を基にした、

価格や売上の内訳をご紹介したいと思います。

 



Advertisement

価格や売上の内訳を知る理由は…

価格の内訳を知ることにより、

自分がどう言ったものにどの程度支払っているのかを知ることができます。

そうすることにより、自分がどういう点を意識して購入すべきか、

理解することが出来るのです。

 

ある国内大手日用品会社の売上の内訳

売上原価:24%

販売管理費:66%

営業利益:10%

となっております。

グラフにすると下記のような感じになります。

57f5888c1c0d465ffc2093535cfd4d0c 300x264 - 日用品・化粧品の価格の内訳は?中身にいくら使われている?

販売管理費が一番多く66%のシェアを占めております。

販売管理費とは、製品がお店に届いてから、売れるまでにかかった費用です。

 

販売管理費の内訳は下記になります。

広告費:33.0%

研究開発費:4%

⼈件費:13%

経費:16%(恐らく配送費等も含むか?)

グラフにして、販売管理費を100%とすると下記のような感じになります。

56e140ec480c19636d14328b394bde0c 300x272 - 日用品・化粧品の価格の内訳は?中身にいくら使われている?

こうしてみるとわかる通り、販売管理のおよそ50%が広告費に使われております。

これは前回も述べた通り、日用品の業界はイメージがとても大切だからということです。

詳しくは、日用品・化粧品の広告宣伝費と削減不可の理由をご覧ください

 

売上原価の内訳は?

売上原価の内訳は公表されていなかったので、

このような詳細な図に出すことは出来ませんでした。

そもそも売上原価とは、その業種によって算入されるものが異なってくるようです。

売上原価は物品販売業(卸売・小売)、製造業、サービス業など業種によって算入される科目が変わってくる。物品販売業では販売した商品の仕入高を計上する。製造業では、販売まで至った製品を製造するために要した材料費や製造ラインの人員の賃金、そして製造機器や工場運営にかかった経費などを計上する。サービス業ではサービスを行う人員の人件費が主な売上原価として計上される。

引用:Wikipedia

今回は、大手メーカーなので、下記のものが原価率に含まれる可能性が高いです。

販売までに至った製品の下記の部分が掛かってくるそうです。

  • 材料費
  • 材料が工場に届くまでの配送費
  • 製造ラインの人件費
  • 工場運営にかかった経費

下記は、完全にソースがないので予測になりますが…。

人件費について

販売管理費の人件費は、工場などの製造ライン人件費を除いていると思われます。

恐らく、工場の人数の方が多いと思われますが、給与の面から考えますと低い可能性もあり、

販売管理費の人件費と同等のに13%ほどではないかなと予想します。

工場運営にかかった経費について

海外に約10・日本に3つの生産拠点を持っており、

機械のリース代金や不動産の賃貸料などを含めると、

約10%位は掛かっていてもおかしくはないのではないかと思います。

 

製品原価は?

人件費13%と工場運営の経費が10%だとした場合に、23%になります。

それでは、残りは0.9%になりますから、ここから材料費やパッケージのお金等が出されている可能性がありますね…。流石に、これはありえないのか?

パッケージに0.5%使っているとしたら、中身の原価は0.4%くらいですかね…。

まとめてグラフに起こしてみた。

今までの話をまとめてみると、大体下記のようなグラフになります。

パッケージ代と中身原価が被ってしまいましたが、それだけ存在感が薄いということ…。

6e0a9194c190409bb607a91ef36707db 300x245 - 日用品・化粧品の価格の内訳は?中身にいくら使われている?

 

ちなみに、大手の外資系の企業等も見てみましたが、大体変わらない比率になってます。

大なり小なりはありますが、販売管理が多く、その中の広告費が大きく。原価率は記されていても、中身原価については記されていないというのが殆どでした。

以上の話を1万円の化粧水で例えると?

あなたが、1万円の化粧水を買うと、その構成はどうなっているのか?

3300円は広告費として使われてます。

1590円は運送費や輸送費、その他販売に係わる経費として使われてます。

1320円は販売店のスタッフや、本社にいるスタッフ、経営者に支払われます。

360円は次のいいものを作り出すための研究費として使われてます。

1040円は会社の営業利益として貯金されております。

1300円は製造してくれた工場の方の人件費に使われております。

1000円は工場運営に必要な経費、土地代、リース代、修繕費に使われます。

50円はパッケージ代として使われます。

40円は中身のお金として使われます。

 

あくまで、仮定と予想の話でしたが、もしも本当だったら怖いですよね。

ちなみに、私の友人にも数名、日用品業界の関係者がおりますが、

上記の数字とあまり変わらなかったように記憶しております。

ちゃんと、覚えておりませんので、はっきりとはしませんが。

あくまで参考として覚えておいていただければ幸いです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

健康カテゴリの最新記事